広告
通算アクセスランキング

1<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!



2<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」



3<長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。



4<長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!



5<長編>妻の携帯を見てみると「あさってなら旦那も仕事遅いし 7時ぐらいまでなら話を聞いてあげるよ。お口でしてあげようか?」相手 「昨日はすっきりした~。ありがとう またしてくれる?」・・・こういう場合 携帯見たことを言って話をきっちりしてもいいんだよね?



6交通事故で一人だけ生き残った姪っ子を引き取った・・・結婚式で姪っ子が「ずっとお父さんとは呼ばせてくれませんでしたね でももう、これからはお父さんとしか呼びませんから」



7<長編>結納済の彼女から誤爆メールが来た!調べたら真っ黒だった・・・少しは警戒しろよ(TmT)ウゥゥ「メール間違えて彼氏に送っちゃったけど大丈夫♪」 「バレないバレない♪結婚するまでの楽しみだし」



8<長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。



9<長編>嫁の携帯見たら、 上司に「旦那が気持ち悪くてしかたない、別れたい」ってメールしてた・・・よし望み通り!内容証明は即時発送を依頼してあとは弁護士に丸投げします。
 


10<長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」

35本当にあった怖い名無し2013/04/30(火) 01:34:04.84 ID: ID:g25ovGKN0

兄貴の復讐?話。フェイクあり、暴力及びDQ返しと汚物表現あり注意。
うちのバカ親父の自慢は家庭内手工業+高齢作業員がいる程度の零細会社の社長の肩書き。
動乱の戦後を息抜き一代で会社の社長まで上り詰めた俺SuGeeeeeの自分age。
しかし実際にはどんだけ家庭を犠牲にしたかなんてのは(∩゚д゚)アーアーキコエナイ
その実、ことあるごとに怒鳴り、手近な物を破壊し、ヒスを起こし、
聞こえよがしなモラハラ独り言を繰り返すだけの純然たる小物。

 

3622013/04/30(火) 01:38:32.86 ID: ID:g25ovGKN0

うちの兄貴は近所の子や犬猫にまで好かれるほど優しい人で、
そんな親父や家業を見捨てず大学への進学を諦め資格まで取って家業を手伝い
妹の私には進学・就職・結婚の時には親父の手が届かない遠方への脱出を勧め、
絶対に娘に金なんか出さないバカ親父に隠れて援助してくれた。
そんな兄貴をバカ親父はクズ扱い。兄貴はいわゆる適齢期を過ぎているが
経済的に危うい家業な上、「早く結婚して嫁さんにこの仕事を手伝わせろ」と言う
このバカがいる限り結婚なんかできない・・・と独り身のまま。

 

3732013/04/30(火) 01:41:42.30 ID: ID:g25ovGKN0

ある日、所用で実家の事務所に顔を出したら親父が絶賛ヒス中。
何が気に食わなかったのか、「俺の言う事を聞いていればいいんだ!」と手近の物
(と言っても灰皿とか空き缶とかの片付けやすい物ばかり)を壁に投げつけ
「お前らもこうしてやろうか!」と私を含む家族を恫喝し始めた。
すると、兄貴が表情も変えずに「こうですか?」と言いながら親父の自慢()の
お手盛りゴルフ大会のトロフィーやら大事な大事な高い酒(を何十年も大事に大事に
飲まずに飾っておいた腐れ酒)の入っている戸棚をおもむろにひっくり返した。

 

3832013/04/30(火) 01:44:00.02 ID: ID:g25ovGKN0

続けて「それともこうですか?」と言いながら
何十年も使われてボロボロの事務机を抱え上げ、親父の足を乗せるしか能のない
無駄に効果な社長用デスクと椅子に叩き付けたり、ロッカーを倒したり。
憤怒でも笑顔でもない平静な、あるいは無表情とも言える顔のまま
破壊を続けた。私はと言えば初めて目にする暴れる兄貴を見ながら
「わー。でんわってこわれるとひばなとけむりがでるのねー」なんて現実逃避。
親父はいつもの威勢も忘れ腰を抜かして青くなって震えてた。

 

 

395 orz2013/04/30(火) 01:46:22.90 ID: ID:g25ovGKN0

兄貴は最後に親父の目の前にあった応接テーブルを安全靴で踏み抜いてから
親父に一言「まだ足りませんか?」ここに至っても平静な顔のまま。
バカ親父はよせばいいのに「こんな事をしてただで・・・」とか言うもんだから
兄貴「そうですか、まだ足りませんか」床に座り込んでるバカ親父の背後の壁、
ちょうど親父の頭のぎりぎり上あたりに蹴りをぶち込んで穴を開ける(安普請)。
親父、失禁。まるでそれを待ってたかのようにやってくる近所の皆様w

 

Google AdSense