299名無しさん@おーぷん2014/11/14(金)15:40:23 ID: ID:VEEdqaSPA

昔の話ですが。
私は職場の男性と付き合い結婚することになりました。
ただ、結婚当初から彼の田舎に帰り、彼の実家に敷地内同居することが条件でした。
まず婚約者の彼が私より1年早く退社して実家に帰り、新しい職場に就職して慣れたころに私が退社して婚約者の元に行く予定でした。
初めのうちは婚約者はマメにメールをくれて近況を知らせてくれていたのですが、だんだんと減り
「疲れたから寝ます」と毎晩送ってくるようになりました。
そんなメールを送らなくてもいい、用があるときだけでいいからと返信したら、それから週に1回ぐらいに激減。
それでも慣れない職場に慣れない仕事だから疲れて当然と思っていたら誤爆メールが来ました。
私と式場選びの日程の打ち合わせのメールをやりとりしていた直後でした。
「ごめん、風呂入ってた!Aちゃんのこと考えながら入ってたから長風呂になった(汗の絵文字)」
もう心臓がドクドクして顔が一気に熱くなった。
すぐに電話して「なんなの?これ?」とキツめに聞くとやっと誤爆したことに気がついたようでしどろもどろ。

翌日すぐに彼の地元に行き、駅近くのファミレスで直接話を聞くとAちゃんとはアニメのキャラで、本当に送る相手はアニメ好きな男性の友達だ。
浮気とかしてないwwしてないww びっくりしたよね?ごめんごめん!本当にごめん!!お詫びに何かプレゼントするから!と大声で謝り倒し。
そして、「会社を抜けてきてるから、もう行くから!じゃ!また後で電話するから!」と、一方的に喋っていなくなりました。
この頃はまだ、彼を100%信じてやれない自分を多少攻めたりしながら、自分の疑惑を誤魔化していました。

それからモヤモヤしつつも結婚へ向けてのスケジュールを消化し、同僚たちに盛大な送別会をしてもらい退社しました。
結納も済ませたし、やっぱりあれは浮気じゃなくて、紛らわしいメールだったんだと納得しかけていました。
両親や姉妹たちから荷造りを手伝ってもらって、ついに彼の元に行くことになりました。
式は同居開始の3ヶ月後の予定で、彼の両親が敷地内に家を新築してくれていました。
ご近所に彼のお母さんといっしょに挨拶に回ったり、彼のお姉さんが道を教えてあげる、ここのお店はおすすめ!と
あちこち教えてくれたり、彼とも式の最終調整などで慌ただしい毎日だったのです。
本当に後は式をあげて新婚旅行に行くだけでした。

 

300名無しさん@おーぷん2014/11/14(金)15:41:24 ID: ID:VEEdqaSPA

ところが彼のスーツのズボンから可愛い柄のメモ用紙が出てきてそれに
「A子の原付に乗った王子ちゃまへ(手書きのハート)今日はA子に一日くれてありがとう(手書きのハート)」
他にも小学生みたいな字でA子はねぇ~王子の事がぁ~ A子はねぇ~とってもぉ~ と続くけどどうでもよかった。
一日?! いつだ? ずっと平日は出勤してたはず。そういえば先週の土曜は会社は休みだけど仕事残ってるからと…
そのメモをもって彼のお姉さんに、以前の誤爆メールの事も話して相談したらお姉さん激高。
なにも知らずに原付で帰って来た彼にメモを突きつけて「おい、原付王子!これなんだよ?!」と
ヘルメットを外す暇も与えず、彼の肩をど突きまくっていた。

その夜は彼の両親とお姉さんと私で事情聴取状態。
お姉さんがそこでも「アニメキャラって言ったんだって?どうやってテレビから出したんだよっ!」ってお怒り。
なんかもう、メットかぶったままオロオロしてた様子や、お姉さんから怒られてて唇プルプルさせて声が出ない様子を見ていたら
スーっと冷静になった。未練や愛情が枯渇したのかもしれない。
A子は彼の新しい職場の二十歳のバイトだそうです。付き合いだしてもう半年以上経ってるけど、A子は彼が結婚することは知ってる。
だから遊びです。大丈夫です。独身最後のやんちゃです。と言い訳していたら、おねえさんが「携帯。見せて」

まさに顔面蒼白状態。眼球が左右にキョロキョロ。「えっ?なんで?えっ?」って言うだけなので私が勝手に上着からだそうと
上着に向かったら「触んなああああ!」と絶叫。お母さんと私はびっくりして硬直するなか、お姉さんがビンタ。お父さんが上着ゲット。
彼はそのまま私たちの家に逃げ出し、残った4人で携帯をチェックしたら真っ黒。
結婚したらA子は寂しくて死んじゃうかも→彼の返信 それはちょっと止めて
セーリ遅れてるんだ。でもいいんだ~愛の証拠のチビ王子がほしいな~ →彼返信 それはちょっと止めて
彼の家族はため息しか出なくなっていた。
そして私に「もう嫁に来てくださいなんてお願いできない。幸い入籍していないから戸籍が汚れる前に白紙にしましょう。」と
ご提案いただき、わたしも彼と結婚する自信も愛情もないので自分の実家近くにアパートを借りて移り住んだ。
引越し費用はもちろん、慰謝料も彼の年収以上にもらった。

それからしばらくして、元同僚達と食事する事になった。そこで初めて知った事実があった。
なんと彼は式場をキャンセルせず、花嫁の名前を変えてA子と予約した日に式を挙げたのだという。
私とあげる予定の式の招待状を受け取っていた、元同僚の男性に来てくれと連絡があり、いろいろ話したんだそうです。
A子は本当にちび王子(姫?)をご懐妊。そのまま私たちの新居として作られた家に入ったのだが、
妊婦だから式は挙げたけど、新婚旅行はキャンセル。
頼むよ、友人として式に出てくれと言う彼に「へぇ~ 無駄もないし、若い嫁さんもらえてよかったじゃん。」と、イヤミを言ったら
「ワガママがすごくて疲れる」と言ってたって。 もちろん元同僚は式への参加はお断りして、そのまま着信拒否にしたとの事。

この騒動で彼とA子だけが疲れてないのにね。
彼の家族もずっと謝って泣いてくれた。私の母もややぽっちゃりだったのに痩せてしまった。私が帰宅した日、父は顔を覆って泣いてた。
彼のお姉さんとも仲良くなっていたのに。
結婚前だから不倫じゃないのかもしれないけど、不倫で傷つくのは本人たちだけじゃないんだよね。
あれから随分経ってからご縁があって結婚した。子供にも恵まれた。
今の夫を信じていると思うけど、ちょっと連絡がなかったり、そっけない態度をとられたりすると不安でおかしくなりそうな時がある。
そのせいか、家でもゆるい格好をする勇気がない。みすぼらしくなったら浮気されるんじゃないかと思ってしまう。
なんなんだろう。まるで呪いでもかけられたみたいだよ。

 

301名無しさん@おーぷん2014/11/14(金)17:51:48 ID: ID:DkNrRKNJj

ロクでもない男と結婚しなくてよかった、そう思おう

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その6】

通算アクセスランキング
    1. <長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
    2. <長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
    3. <長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
    4. <長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
    5. <長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
    6. <長編>娘が嫁の「“匂い”が違った」正確には雰囲気が違うと・・・ 女性特有の勘なんでしょうか“オトコ”がピンときたそうです。
    7. <長編>長期間の嫁の浮気になぜ気が付かなかったのだろうおかしな行動は何もなかった・・・浮気相手が判明してすべての謎が判明した!
    8. <長編>嫁の浮気調査の途中で偶然知ってしまった事実を私は間男の嫁に伝えた・・・民事の問題ではなくなる可能性があると言う事です。
    9. 妻上司と妻同僚が俺の会社まで謝罪に来た!厳重注意するので訴えたりしないでほしいと...
    10. <長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」