嫁が間男に贈るはずのメールを娘に誤爆・・・娘「話し合ってもうちらを裏切った事実は変わらない。あの女は許せない」
彼女の妹に告白されたのを断ったら・・・あることないことないこと喋りまくり俺は鬼畜な性犯罪者にされかけた!
子供を実家に預けて「ママー行かないで~!待ってーー!」って声を無視して妻は俺の親友とホテルに行った。
嫁が浮気した、証拠を突き付けると謝るどころか鼻で笑いやがった 「じゃあ離婚しようか?」・・・離婚届持って役所行こうとしたら嫁が脚にしがみついてきた、自分で離婚離婚って言ってたのに不思議だ
終始バカ騒ぎする新婦側友人「結婚前の新婦に、最後にチューしまーす!」と宣言・・・新婦は「いいよ~ハート」とあっさり自分から男性にフレンチキス
出産後妻の様子がおかしかったのでひそかに盗聴した家電から産まれた子は、私の子じゃなくて間男の子だって泣きながら相談していた・・・その後血液型からも確認できた。
女性は深く頭を下げ、「ひどいことをしてしまいました。ごめんなさいお父さん。」 いつかもう一度娘から「お父さん」そう呼ばれる日が来るのを願い努力して来た苦労が今やっと報われた・・・ただ私の心は完全に崩れていた!
彼女にケツの穴にウイスキー入れられたから別れた

6951/22014/06/18(水)11:28:30 ID: ID:EafdDdalf

復讐なのかわかりませんが

私は、大学を卒業後知り合いの紹介で関東にある障害者の福祉施設で働いていました。
そこは理事長が一代で築き上げた法人だったため、神のように崇めさせていた基地な慣習がありました。
そんな場所で私は障害児の部署に配属されました。

配属され7か月くらい経った頃、夜勤明けで頭がボーとして帰ろうかと思ってたところ奥のほうから
「パーン」と何かで壁を叩いた音が聞こえたため、慌てて向うと先輩職員A(以下A)と子供の姿がありました。
Aの手には便所サンダルが、子供は真っ赤になった頭を押さえながら号泣していました。
夜勤明けの回らない頭でもAが殴ったことはすぐにわかりました。
一先ず、子供の手当てをして部署の上司である主任に報告をしました。
しかし主任は「そんなことはない、あの人がそんな事をするはずがない」とヒス気味に否定をし逆に私に対し
「あなたは仲間を疑うのか?今までフォローされてきたのにそんなことを言うのか」と罵倒されました。
これ以上言っても意味がないと私はその上の部長に報告をしました。
部長は一応話を聞いてくれたのですが、やはり「あの人がそんなことすると思えないけど」と否定をされました。

その日を境に先輩職員達の虐待ともいえる行為を目撃することが増えてきました。
止めることが出来なかった私は県の福祉課に内部告発しました。
ちょうど監査の時期だったので監査の日に告発の件も調べが入りました。
結果としては限りなく黒に近いが確証がないとのことでした。
それと同時に内部告発したのが私だとお見通しだったようでクビか退職かを迫られ退職しました。



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!


 

6962/22014/06/18(水)12:04:11 ID: ID:EafdDdalf

その後、子供たちを守れなかったと同時に職場を紹介してくれた方(Bさん)に申し訳なく謝罪のために会いに行きました。
会って辞めたことを話した途端、普段は温厚なBさんの顔が般若のように変わっていきました。
私としてはBさんの顔に泥を塗ったのだから当然だと思い、罵倒されるのを覚悟でいました。が実際は違っていました。
Bさんは辞めたことよりも辞める原因を作った法人に対し怒りを覚えたようです。
Bさんは無言で立ち上がり、どこかに電話を始めました。
電話が終わり、一言「これで大丈夫だから」と温厚なBさんに戻っていました。
私は訳が分からないままお暇させていただきました。
結果としては1か月後に判明しました。

一か月後、朝新聞の地方欄にて部署の悪行と共に法人の悪行も掲載されてました。
Aは警察沙汰になり噂では塀の中にいるとか・・・・
他の職員達も左遷などをされ、職員はそうとっかえされたとのことです。
法人としての悪行は脱税とセクハラで理事長が告発されたとのこと。
その結果、国から支給される職員への処遇改善手当は中止になったと書かれてました。
今では自転車操業で法人を運営しているようだと同期から聞きました。

後から分かったのですが、Bさんは今は大学のキャリアアドバイザーだったのですが昔は厚労省の官僚。
奥様は障害福祉の部署のお偉いさんだったとのことでした。
あの時電話していたのは奥様に調べなおすことを頼んだとのことです。

結果として自分は何もしてないし、復讐になるのかわかりませんが以上になります

 

引用元:本当にやった復讐

Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう