嫁の携帯を見てみた!過去メールを見ると男からのメールに「好きな気持ちを抑えるのがつらいです」と書いてあった。
嫁が熱心にメールをしているので後ろから近づいたら合コンの打ち合わせをしていた!
九州に出張に行ったはずの旦那と東海地方の実家に帰ったはずの私が東北地方の温泉旅館でバッタリ会って24時間後に離婚した話
<長編>嫁の日記を見たらもう真っ黒。「 あの人に会いたい」 「いますぐ会いたい」「 一緒に風呂に入りたい」などなど・・・二年前に貯金なしで4000千万の家を買ったのにどうすんだよ!
<長編>興信所からの写真には「男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。 負けた。妻とられた。」・・・妻の浮気を疑い出して半年、何度もやり直そうと試みた。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長編>夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・妻の浮気からの再構築?流産した子は俺の子か!
<長編>息子が突然お母さんがいたと走り出した、そこには子供を置いて家出した嫁が間男達と買い物してた、間男の子「違うよ。僕のお母さんだよ。(息子)君のお母さんじゃないもん」って言ったんだら修羅場になってしまった・・・嫁「やめて!おなかに赤ちゃんがいるの!」( ゜Д゜)ハァ?

219: 恋人は名無しさん 2001/08/21(火) 21:07
では、その間に私の話を書こうかしら・・・。
今日中に最後まで書けるかわからないんですけど、
いいでしょうか?
それとも、ちゃんとテキストでまとめておいてから
書いたほうがいいのかしら???

 

220: 恋人は名無しさん 2001/08/21(火) 21:10
そんなに長いのか・・・
でも書き込みを今か今かと待つのも醍醐味だし
好きな方でイイヨ>>219

 

221: 恋人は名無しさん 2001/08/21(火) 21:13
じゃあ、途中まで書きます。
前置き長すぎたり、あんまり修羅場っぽくなりそうも
なかったら止めてください。それでは・・・・。

 

223: 219 2001/08/21(火) 21:20
簡単な私と彼のそのときの状態は、・付き合って3ヶ月目
・彼=社会人(25歳)  私=学生(20歳)

でした。

出会ったきっかけは友人の紹介でした。
最初は彼のほうから口説いてきました。
私も、けっこうタイプだったので付き合うことに。
ただ、直接の知りあいだったわけではないので、
彼の性格等はほとんど知りませんでした。

それで、あとで痛い目を見ることになるのですが・・・。

 

224: 219 2001/08/21(火) 21:30
お互いにあまり性格を知らなかったせいか、割と
ケンカは絶えませんでした。
私がよかれと思ったことは、彼にとって迷惑なことで
あったり、彼が私のためを思ってやってくれることも
私には伝わらなかったり・・・。また彼はケンカをするとすぐに「別れる!」と
言う人でした。
そういう時は、きまって聞くに絶えない暴言を私に
吐いたりもしました。

「別れちゃえば?そんなやつ」
友達にそう言われたこともありましたが、あばたもえくぼ。
当時の私にとっては、そんな彼がかわいく見えていたのです。



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!

 

225: 恋人は名無しさん 2001/08/21(火) 21:34
うんうん。
好きな時は許せちゃうんだよね

 

226: 219 2001/08/21(火) 21:53
ある日、彼をびっくりさせようと、私は彼の働いてる会社の
近くまで行きました。
私にとっては、愛情表現でした。
会いに来ちゃうくらい好きなんだよ。
そういうつもりでした。ちょうど、仕事の終わる頃に電話をし、いたずらっぽく
「今どこにいると思う?」
すると、彼は非常にびっくりした様子で
「まさか、、、」
とつぶやきました。
私は彼がびっくりはするものの、喜んでくれるものだと
思いました。

しかし、結果は違いました。

「何で、会社までくるんだよ!」
「そういうの困るんだよ!」
狼狽する彼、私を責める彼。

私が反対にびっくりしましたが、確かに職場まで来てしまうのは
常識はずれだったのか、と反省しました。

 

229: 219 2001/08/21(火) 22:09
彼は、会社から出てくると、人目をさけるように私のそばまで
近づいてきました。
そして、言うことは電話と同じ。「ほんとに困るんだよ」
「だから学生は嫌なんだよな」

とても悲しくなり、私はひたすら謝りました。

彼は言いました。
「誰が見てるかわかんないだろ」

私のことは、そんなに人に見られたくない存在なのか。。。
落ちこみましたが、迷惑をかけてしまったとの思いで私には
謝ることしかできませんでした。

結局彼は私にそのまま家に帰るように言い、自分は別の方向
へと帰っていきました。

 

235: 219 2001/08/21(火) 22:22
その日家に帰り、私は彼に電話をかけました。
「今日はごめんね」
しかし、彼の機嫌は全く直りませんでした。相変わらず私への不満を口にし続けます。
私は思わず聞きました。
「そんなに私のこと見られるのがいや?」

これが、彼の逆鱗に触れたらしいのです。
切れた私は、
「そんなに自分の存在を主張したいのか!!」
「こんな束縛される関係は俺はいやなんだよ!!」
等々叫び、一方的に電話を切りました。

その後かけ直しても、いっこうにつながりません。
彼は怒るとよく電話の電源を切るという行為をしていました。
今回もそのようでした。

(いつか、つながるようにまたなるかな・・・)

しかし、その後携帯の電源は1週間以上、入ることはありませんでした。

 

236: 219 2001/08/21(火) 22:23
ごめんなさい。上の文章の
「切れた私は」→「切れた彼は」です。
ほんとすいません・・・。
慌てちゃって。。。



Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう