嫁が間男に贈るはずのメールを娘に誤爆・・・娘「話し合ってもうちらを裏切った事実は変わらない。あの女は許せない」
彼女の妹に告白されたのを断ったら・・・あることないことないこと喋りまくり俺は鬼畜な性犯罪者にされかけた!
子供を実家に預けて「ママー行かないで~!待ってーー!」って声を無視して妻は俺の親友とホテルに行った。
嫁が浮気した、証拠を突き付けると謝るどころか鼻で笑いやがった 「じゃあ離婚しようか?」・・・離婚届持って役所行こうとしたら嫁が脚にしがみついてきた、自分で離婚離婚って言ってたのに不思議だ
終始バカ騒ぎする新婦側友人「結婚前の新婦に、最後にチューしまーす!」と宣言・・・新婦は「いいよ~ハート」とあっさり自分から男性にフレンチキス
出産後妻の様子がおかしかったのでひそかに盗聴した家電から産まれた子は、私の子じゃなくて間男の子だって泣きながら相談していた・・・その後血液型からも確認できた。
女性は深く頭を下げ、「ひどいことをしてしまいました。ごめんなさいお父さん。」 いつかもう一度娘から「お父さん」そう呼ばれる日が来るのを願い努力して来た苦労が今やっと報われた・・・ただ私の心は完全に崩れていた!
彼女にケツの穴にウイスキー入れられたから別れた

151恋人は名無しさん2013/07/03(水) 12:01:13.05 ID: ID:630Wb3r7O

あれ、指輪がない。

寒い冬のある日、外出しようとした私子は、彼男からもらったペアリングがいつもの場所にないことに気づいた。

 

152恋人は名無しさん2013/07/03(水) 12:05:43.07 ID: ID:630Wb3r7O

すみません、貼り付け間違えました。上のレスは無視してください。

まとめたらとても長くなった。長文苦手な方はスルーしてください。
もう何年も前にあったことです。
当時の年齢。
私子:27歳、会社員
彼男:29歳、会社員
友子、A子、上司
全員同じ会社。

事が起こる二ヶ月ほど前、彼男が私子の部屋に転がり込んできた。付き合って一年半経っていたし、お互いの仲もあまり悪くない。社会人で良い歳だし、そろそろ結婚の話も上がってくる頃合いだったため、二つ返事で同棲開始。
口先の理由は、私子といつも一緒にいたいとかそんな感じだった。

 

153恋人は名無しさん2013/07/03(水) 12:08:41.10 ID: ID:630Wb3r7O



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!


ある日、外出しようとしたとき、付き合って初めてのクリスマスに彼男からもらったペアリングがいつもの場所にないことに気づいた私子、軽いパニックに陥る。
部屋でテレビを見ていた彼男に聞くが、知らない、と素っ気ない。部屋中探したが見付からず、どこかで忘れてきたのだろうかと凹んだ。
彼男はにべもなく、なくしてごめんと謝る私子を黙って見つめるだけだった。失くした私が悪いんだと、自責していた。

 

154恋人は名無しさん2013/07/03(水) 12:12:39.43 ID: ID:630Wb3r7O

職場の同僚である友子は、入社当時から仲が良かった。彼男との同棲や指輪がなくなったことなど、日常の会話として伝えていた。
ある日、隣の部署にいる顔見知りの同期A子が、私子のと似ている指輪をしていたと聞いた。トイレでたまたま盛り上がっていたところ、見かけたらしい。
私子の指輪には少し珍しい特徴があった。
勘違いなら良いけど、と思いながら、友子と一緒に恐る恐るA子に接触。すると、悪びれることなく「彼男にもらったの~」と笑顔で答えてくれた。
どういうことかと詳しく聞くと、デートしたときにくれた、A子と彼男は付き合っている、とのこと。
彼男と付き合っているのは私子で、その指輪が私子のにそっくりだという話をしたが、取り付く島もなし。
パニックになった私子は、帰宅後、彼男に相談。すると、「新しいの欲しいなら買ってやるよ」と投げやりに言われた。
指輪がどうとかじゃなくて、A子とはどういう関係なのか聞いているんだと言っても、知らぬ存ぜぬだった。

 

Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう