153: 恋人は名無しさん 2009/03/14(土) 14:01:22 ID:hNQrpD+dO

去年の話なんですけど文章がまとまり次第順次投下します

A子 俺彼女
浮男 A子の浮気相手
友人数人

A子と付き合って二年、同棲はじめて半年くらいのころです
俺は平日仕事で日曜日休み、逆にA子はシフト制のパートで日曜日が忙しく、平日が休みなので中々休みがあわなかった
それでも同棲してるから俺は気にしてなかった
ある日A子から仕事中にメールが来た
「さびしいぞ~浮気しちゃうぞ(はぁと)つかれたー」
普段からふざけた内容のメールを送りあってた仲なので「疲れたならゆっくり休みなよ」と返してその時は気にもとめてなかった

 

155: 恋人は名無しさん 2009/03/14(土) 14:17:18 ID:hNQrpD+dO
数日おきにそんな感じのメールが来るようになった
さすがに気になってきたのでA子に問い詰めてみたがなんとなく送っただけと言い張る
ほんとに浮気してるのかな?と不安になったけど決定的な証拠もないのであまり疑わなかった
数日後、俺は友人十数人と飲みに行った
もちろんA子は留守番
飲み会の最中に浮気の話がでたので俺は冗談まじりに
「最近彼女が怪しいんだよ~」
ってなことを言った
皆は「お前は昔から考えすぎだ、心配性だな」と笑い飛ばしてくれた
そのおかげで不安は消えた
が、この後二次会に行く途中に青ざめることになる

 

158: 恋人は名無しさん 2009/03/14(土) 14:26:51 ID:hNQrpD+dO
飲み会がおひらきになり仲のいい友人五人と二次会に行く途中、友人の一人が
「実は…A子ちゃんの浮気相手見たかもしれない」ときりだした
話を聞くと友人がアパートの前をとおりかかったときに
俺の部屋から知らない男が出てくるのを見たとのこと…
俺はまさかと思いA子に電話して真偽を確かめようと携帯を取り出したらA子からメールが来ていた
「今日もつかれた~(はぁと)」
とイミフな内容
「疲れた」ではなく「突かれた」の意味ではないかと、この時気付きました
なんでこんなメール送ってくるんだよ?
そして酔ってない友人に車を出してもらってアパートに凸しに行くことに…

 

162: 恋人は名無しさん 2009/03/14(土) 14:40:28 ID:hNQrpD+dO

待たせてスマソ
アパートに着き、いきなり皆で凸して行為の最中だったり何もない場合のことも考えて
まずは俺が行き、何かあったら呼ぶということで友人達は車の中で待機
そして凸
A子は服を着ていたが隣に全裸の男がいた…
以下修羅場

浮男「いきなり人ん家入ってくんじゃねーよ!誰だテメェ!」
叫ぶ浮男を無視してA子に問い詰める
俺「浮気してたんだな…」
A子「なによ!してちゃ悪い!?」
A子は謝るどころか開き直って逆切れしてきた
同棲したのに俺と過ごす時間がなくて寂しかった。
だから俺が仕事でいないときや出かけた時はしょっちゅう浮男を部屋に招き入れていた
そして行為の最中にメールを送っても気付かなかった
私は悪くない、気付かないし私を放置したあなたが全面的に悪い、だから浮気したのはしかたないと言い出し泣き出す始末
俺は怒りを通り越して呆れた

通算アクセスランキング
    1. <長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
    2. <長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
    3. <長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
    4. <長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
    5. <長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
    6. <長編>娘が嫁の「“匂い”が違った」正確には雰囲気が違うと・・・ 女性特有の勘なんでしょうか“オトコ”がピンときたそうです。
    7. <長編>長期間の嫁の浮気になぜ気が付かなかったのだろうおかしな行動は何もなかった・・・浮気相手が判明してすべての謎が判明した!
    8. <長編>嫁の浮気調査の途中で偶然知ってしまった事実を私は間男の嫁に伝えた・・・民事の問題ではなくなる可能性があると言う事です。
    9. 妻上司と妻同僚が俺の会社まで謝罪に来た!厳重注意するので訴えたりしないでほしいと...
    10. <長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」