742: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 22:56:02.95 ID:x9+/iUde0

彼女も寝て、妹たちも部屋にいるのを確認してから、俺は勝手口に一服しに行った。
電話をかける決心をした。

親父に電話をかけた。
俺はもう、誰かに話さないとどうしょうもなく辛くなっていた。

 

750: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:12:40.62 ID:x9+/iUde0

親父「おう、どうしたー?」
俺「遅くにすまん、実は…」

俺は、彼女のこと、彼女の病気のこと、今すごく不安なこと、
すべてを親父に赤裸々に離した。
男同士で、話したかった。聞いて欲しかった。

親父は多くは語らなかった。そして、俺に言った。
「絶対、最後までそばにいてあげろよ。つらいと思う。
でもお前が弱音吐いちゃだめだろ。
いつだってそばにいてあげろ、男と男の約束だ。」

 

754: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:15:02.31 ID:x9+/iUde0

親父は古風で、頑固な人間だった。
そんな親父の言葉は、俺の胸に強く響いた。

絶対に最後まで一緒にいよう。何が待ってるか、分からないけど。
青臭い小僧の俺が一人でずっと抱えていたことが、
親父に話したことで、とても軽くなった気がした。

 

758: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:20:48.60 ID:x9+/iUde0

俺は親父に話して、すっきりした。
部屋にもどると、さっきまでの不安が嘘のように、スムーズに眠りに落ちた。

気付くと、窓から明かりがさしていた。
実家の俺の部屋は一つの窓にカーテンがなく、朝日は入り放題なのである。
起きると、彼女は俺の机で何かをしているようだった。

俺は寝ぼけていて、状況を読み込めず、目覚めて彼女がいること自体に驚いた。

 

762: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:26:24.63 ID:x9+/iUde0

朝飯を食べて、いざ出かけよう、となる。
前々から話していたが、彼女はとりあえず俺の育った町や場所を見て回りたいのだという。
俺は本当に楽しいのだろうか、と若干の不安があったが、
彼女がやっぱりどうしても、というのでそうすることにした。

彼女「今日は一日動きまわるねー!」
俺「無理しちゃダメだかんね。」

俺はさっそく車のキーを握って車をだそうとした。

 

766: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:30:52.43 ID:x9+/iUde0

すると彼女は珍しくぐずった。
俺はよく分からなくて、車乗らないの?と聞く。

彼女「自転車、あるよね…?自転車乗りたい」
俺「あ、そうなんだ。でも2台あったっけなー?」
彼女「そうじゃなくて。二人乗り…しようよ。」

俺「え?」
彼女「ずっとしてみたかったんだ…二人乗り」

 

768: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:34:49.85 ID:x9+/iUde0

俺「だめだよ、あぶないし、体に負担かかって疲れちゃうよ…」
彼女「わたし一度も二人乗りってしたことないんだよ…」

そう言われると、弱い。
かくいう俺も人生で一度も二人乗りをしたことがなかった。
だから怖い、ということもあったのだが。

俺「分かったよ。じゃあすぐ近くの俺の小学校まで、だけね。」
彼女「やったー!じゃあグローブ持ってこうよ!」

笑顔になってはしゃぎだすのを見ていると、仕方ないかって思えた。

 

774: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:40:03.70 ID:x9+/iUde0

彼女は「どう座るんだ?」ってつぶやきながら荷台にちょこんと座って笑った。

俺「それでいいんじゃないかなw
よし、じゃあ俺が乗るから一回降りて」
彼女「やったー!」

荷台に乗せて気付いたが、彼女は嘘のように軽かった。
家を出て、ろくに車も通らない農道のような坂道を下っていく。

彼女は、とてもごきげんだった。

突然嫁が交通事故で逝った!残された娘は嫁の連れ子17歳・・・血の繋がらない29の俺と17の娘。


彼女の親の借金を肩代わりするために友人が結婚した!借金を返済したら離婚を切り出された!


嫁の浮気現場に突入して俺は懲役6年の実刑を食らった!


婚約者の寝室で裸の先輩と婚約者に遭遇!その場で殴りかかろうとしたけど返り打ち。着てた服は鼻血だらけで奥歯ぐらぐら!


<長編>嫁がパート先の同僚女性3人と1泊2日の旅行に行く事になってるんだがダブルW不倫旅行ってのが真相だ・・・嫁が旅行中に嫁の物以外全部運び...


嫁の浮気現場を見てしまった!間男の携帯から間嫁を呼び出した・・・間嫁はすぐ来ました、何たって住所が階が違うだけという近さでしたから。



 

781: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:50:21.01 ID:x9+/iUde0

彼女は歌い出した。
「かーみーさーまー!ひとつきいてくれよー!」
それは彼女が好きだった藍坊主のテールランプだった。

俺も楽しくなって、一緒に歌う。
「かーぜーきるー!あしをーぼくにくれよー!」

はたから見たら馬鹿丸出しなんだけど、
もう、どうでも良かった。

 

787: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/16(月) 23:55:54.10 ID:x9+/iUde0

彼女はごきげんだった。色んな歌を俺に歌ってみせてくれた。
彼女は歌い終わると、
彼女「こら、拍手しろ!」
俺「どうやってすんだよww」

このやりとりを数回に渡って繰り返したw

 

805: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/17(火) 00:12:11.95 ID:WJObiXhX0

そんなこんなで、近所の俺の母校の小学校に着いた。
土曜だったので、がらんとしていた。
少年野球のチームが、練習している以外、校庭もほかに人はいない。

俺「懐かしいなあ~。ここでよく、野球したんだー」
彼女「そうなんだー。すごい広いね…」
無駄に校庭だけは広い小学校だった。

 

807: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/17(火) 00:18:52.97 ID:WJObiXhX0

彼女は少女のごとく駈け出した。
思いっきり走りだしたもんだから、印象的だった。
あまり息上がるのもよくないのにね…。

彼女「こっちに来て!」
彼女「これ、うんていだよ、なつかしーw」

彼女は無邪気に色んな遊具で遊びはじめた。
彼女は滑り台の階段を上がって、俺が登ると滑り降りた。

彼女「無限ループだ!」
俺「そうなの?w」
こんな調子だった。

 

809: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/17(火) 00:21:52.50 ID:WJObiXhX0

俺たちは何故か滑り台の無限ループがツボに入ってしまい、
いい年してしばらくそこで笑いながら滑り台に興じた。

俺「いつまで経っても捕まらないww」
彼女「はやく追いついてww」

こんな繰り返しだった。

 

818: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/17(火) 00:29:48.04 ID:WJObiXhX0

しばらくすると冷静になって二人して、
「え、これ何が面白かったの?」的な感じになった。

遠くから少年野球の声が聞こえる。
彼女「ねえ、あの少年野球にいたの?」
俺「うん、懐かしい。もうずっと前のことだけどね。」

彼女はしばらくぼーっと駆けまわる少年たちを見つめていた。
彼女「キャッチボールしよう。」
俺「大丈夫?無理しないでね。」

彼女はまた歌い出す。
「べーすぼーるのおとが鳴ったー、だれもぎゃらりーいないぐらうんどーってね。」
俺「何それ?」
彼女「知らないの?」

彼女は音楽の造詣も深くて、たまに俺の知らない曲も歌う。
そうするとちょっとぐずるんだけど、そういう時は決まって
すぐiPodとかで教えてくれる。

 

822: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/17(火) 00:35:54.74 ID:WJObiXhX0

その曲はフジファブリックのベースボールは終わらないだった。
「フジファブリックか…」

その日はその曲にピッタリだった。
晴れ渡っていて、広いグランドに二人だけ。
俺はその曲に則って、「あとで炭酸飲料を買いに行こう。」
というと、彼女はやたら喜んだ。

「いくよ!」
俺がボールを投げると、彼女はしっかりキャッチ。
そしてイイ感じに返してくる。運動神経がよかったのか、
昔からあまり運動が得意でない俺はちょっとだけうらやましくもあり、楽しくなった。

 

825: 1 ◆WiJOfOqXmc 2012/01/17(火) 00:37:02.24 ID:WJObiXhX0
1レスに書く量を増やしても、どう考えても次スレにいってしまいそうだ…
どうしよう次スレに行ったらまずいんですかね…?

 

829: 名も無き被検体774号+ 2012/01/17(火) 00:38:43.84 ID:oFRpJmqF0
>>825
まずくないと思う
むしろ中途半端なのが一番きつい
通算アクセスランキング
    1. <長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
    2. <長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
    3. <長編>単身赴任中の上司と浮気していた妻!内容証明が届くタイミングで私は何も言わずに家を出た・・・妻がパニックというより狂った。
    4. <長長編>妻は本気・間男は遊び、妻は男の心を引きとめようとビデオ撮影・・・そのビデオには私の知らなかった妻の本心と知りたく無かった過去が!
    5. <長長編>元夫と偶然再会してしまった、元夫は壊れていた・・・今になって後悔の念が押し寄せて来ます。
    6. <長編>娘が嫁の「“匂い”が違った」正確には雰囲気が違うと・・・ 女性特有の勘なんでしょうか“オトコ”がピンときたそうです。
    7. <長編>長期間の嫁の浮気になぜ気が付かなかったのだろうおかしな行動は何もなかった・・・浮気相手が判明してすべての謎が判明した!
    8. <長編>嫁の浮気調査の途中で偶然知ってしまった事実を私は間男の嫁に伝えた・・・民事の問題ではなくなる可能性があると言う事です。
    9. 妻上司と妻同僚が俺の会社まで謝罪に来た!厳重注意するので訴えたりしないでほしいと...
    10. <長編>妻が年下の部下に体の関係を迫られいるようです! その返事が今夜・・・俺「出かけるまで悪いけど…今夜、出かけるのならこれにサインと印鑑をくれ」 妻「最低…」