Google AdSense

340恋人は名無しさん : ID:

昨日は修羅場だった。。。。。。。

 

343340 : ID:

予約した、ちょっとオシャレなレストランで食事した俺と彼女。
俺が言うのもあれだけど、いい感じであった。
ちょっとした笑い、ちょっとしたシリアス、そういうもんがほんと、いい感じで
そこにはあった。
付き合って1年半くらい。
ぶっちゃけ、プロポーズもその後のホテルのラウンジでするつもりだった。
彼女も、婉曲に「将来」のことも自分から話題に出したりしていた。
環境は最高だった。
心底好きな彼女だし、多分彼女も俺を。。。。
しかし、悲劇はその時起こった。
帰りがけに、脱いでいた俺の上着を、
彼女は自らハンガーから外してくれた。その時上着の上ポケットから小さな紙切れが、ヒラヒラヒラ、と落ちてきた。

よく行くヘルスのいつも指名する子の名刺だった。
お決まりの「今日もありがとう。1週間ぶりだね。○○。。。」
みたいな文句が書いてあって、つまり、それをそのまま彼女に見られて
それを俺の胸につき返すなり、怒っているのと悲しそうなのと入り混じったような
顔で、彼女は無言で帰っていった。
おれは会計を急いで済ませて、彼女を追った。
弁解すればするほど、彼女の足は速まって
ついに立ち止まると、思い切り俺をビンタして
「触らないで!もう、二度と私の前には現れないで、汚らわしい!」
と叫んで、走って去っていった。

正直、生きていくのがつらい。

 

345恋人は名無しさん : ID:

>>340
それネタ?
ほんとだったら、こんなところで話してないで彼女の所へ行くべきじゃない?
連絡取れないなら家の前で待ってるとか・・
結婚の事まで考えたならそんな簡単に諦められないでしょ?

 

346恋人は名無しさん : ID:

>>340
風俗通いかー。
病気とか気にしないの?自分はしょうがないって感じだろーけどさ。
彼女に感染させたらとか考えなかったの?
性病によっては、子供ができにくくなるってコトもあるんだよ・・・

 

347恋人は名無しさん : ID:



他サイトおすすめ記事

悪ガキのイタズラに頭を悩ませていたAさんが、ついに弁護士を連れてガキの家に凸した → Aさん「まさか、あんな事になってしまうなんて...」
介護士をしていたせいか、みんなに期待されたので・・私「介護してほしいなら『月20万』『1日8時間』『土日祝休み』が条件だよ^^」
家を買おうと物件選びをしていた → 俺「おっ、ここいいじゃんw」次女「ここは絶対に嫌だ!」俺「なんで?」→ 詳しく話を聞くと、とんでもないこと言い出した・・・
嫁『間男と結婚するからアンタらは邪魔』息子「…」→ 数年後、元嫁『子供に会わせて欲しい』俺「…(今更…)」→ 息子に元嫁が会いたがってると伝えると…
司会「最後に新婦から一言あるそうです」新婦「実は赤ちゃんを授かっていることがわかりました!新郎くん、パパになるんだよー!」→ 固まる新郎と私夫婦 → なぜなら…
【まさかの事態】会社のおばさんと一度だけ関係を持ったら妊娠 → 俺「子供の産める相手とやり直したい。離婚してくれ」嫁「おk」→ 離婚後、元嫁「言い忘れてたんだけどさ...」
営業所でばらまかれた写真には、嫁がスッパダカで上司とホテルの鏡に向かって笑っていた → まぁ当然因果応報が待っていて… 狂ってしまったというなら、地獄も苦にならないだろう
>>345
でも彼女にしたら風俗はどうしても受け付けない事かもしれんし、
仮に結婚してもまた行くんじゃないかって疑心暗鬼にならざるを
得ない訳でしょー…。いつも指名する子が居る程ヘルスに行っ
てたのは事実なんだし。彼女から連絡取ってこない限り、諦めた方が良いんじゃないのか
なぁ。部屋の前で待ってたりしたらストーカーみたいでちょっと怖い
し、ますます彼女の態度が頑なになると思うんだけど。私は風俗行く人と付き合うのは本気で嫌なので彼女に同情してしまう。
結婚話が出るほど気が合う人に1年半も隠されてたんだよー。すっごい
落ち込むよ。

 

348345 : ID:

>>347
確かに信用できなくなったと思う。
私の彼がもしそうだとしたら・・・((゚Д゚;)))ガクガクブルブル・・
風俗行くのが嫌というよりも、それ以上に『いつも指名するヘルス嬢』がいる事が許せない。
彼も男だからナンパや合コンで浮気されるより、ヘルスとかの方がマシだと私は思うけど、
人それぞれ考え方違うからね。

 

369340 : ID:

結局、一回会ってくれて、割合サバサバして
いたけど、「ごめん、やっぱり私、気持ちが離れちゃうとどうしても駄目なの。
今までだって他の女を触った手で私を抱いていた訳だし。
もう顔も見たくないし、好きな気持ちも全くありません。悪いけど、
二度と目の前に現れないでね。思い出すのも嫌だから」と、淡々としかし強い決意を持って告げられました。ほとんど何もいえず、彼女が去った喫茶店にひとり取り残されました。
情けない。

俺は世界一、どうしようもない男だとその時気付きましたし、
皆さん幸せにやって下さい。

 

370恋人は名無しさん : ID:

本当にどうしようもない男だ

 

371恋人は名無しさん : ID:

一年半も付き合ってたならヘルスに通ってることをどう彼女が思ってるか気づけるだろう?
自業自得、結婚したとしてもいいこと無かったぜ。

 

375340 : ID:

何言われても、身から出たサビ。
でも、受けた代償はあまりにも大きすぎました。
これでもマジで彼女を愛していました。
こんな俺でも。

 

引用元:◇修羅場◇part14





 





Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう