172恋人は名無しさん2010/09/15(水) 13:07:54 ID: ID:zTFs12ED0

元彼が、私の前と友達の前とじゃ全然態度が違う人だった。

当時お互い大学生。別々の大学。
元彼はいわゆる体育会系バリバリのサークルに入っていて
先輩も友達もものすごく男尊女卑な旧態依然とした雰囲気の人たちだった。

元彼は私と二人きりの時はベッタベタに優しくて
ちょっと鬱陶しいくらい甘えてくる人だったし、自分でも
「尽くすタイプ」と自称してたくらい甘甘なタイプだった。

でも先輩や友達の前に出ると、態度が180℃コロっと変わる。
サークルの空気が
「男は女に尽くさせてナンボ」
「女は女中と思え」
「釣った魚に餌はやるな」が
不文律で、彼氏もその手前、女に冷たくあたる男を演じなければならなかった…らしい。

 

1731722010/09/15(水) 13:10:17 ID: ID:zTFs12ED0

付き合って一年半くらい経ったあたりで、
元彼が私とつきあってることがサークル先輩たちにバレた。先輩たちに「顔見せにつれて来い」「どんな女か見てやる」と言われ
断れずに私を飲み会に連れ出した元彼。
この時点で私は、普通のサークルの飲み会だと思っていた。集合場所は居酒屋の前だったけど、店には入らずそこから先輩の部屋へ直行。
着いてすぐ、なぜか先輩の部屋の掃除と
脂のこびりついたガス台やシンクの掃除を言いつけられる。
驚いてポカンつぃてると、元彼が耳元で
「ゴメン、俺の顔をたててちょっとだけガマンして」と囁く。

ムカついたけどここでキレるのも大人げないし、彼に恥かかせちゃいけないかと思い
買ったばっかの白のワンピースで汚部屋を掃除した。
特にトイレが思い出したくない位ひどかった…。

 

1751722010/09/15(水) 13:14:43 ID: ID:zTFs12ED0

管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!
その後は、途中から参加した誰かの彼女と一緒におさんどん。
グラスがちょっとでも空くと「こっち注ぎに来いよー!」とあっちこっちから怒鳴り声が上がる。
すぐに行かないと舌打ち。
ひどい時は「気がきかねーな!」と小突かれる。
尻もさわられる。胸も掴まれる(痛かった)。
19時から深夜2時までそれが続き、その間、水分補給すらできなかった。
元彼はヘラヘラして先輩と一緒になって
「もっと動けよー!」と私を野次ってた。帰り道、元彼は平謝りだったけど私はもう口をきく元気もなく
無言で彼を振りきって帰った。
元彼は「ほんとごめんな。疲れただろうから俺んちで休んでいきなよ」
「俺も無理して周囲に合わせたから疲れちゃった。○ちゃん(私)に癒して欲しいでちゅ」
とさかんに言っていた。呆れた。

 

1761722010/09/15(水) 13:15:30 ID: ID:zTFs12ED0

その後しばらく距離を置いたけど、元彼に謝りまくられて
また会うようになった。
ただ「もうサークルの集まりには行かないし、今度同じことがあったら別れる」
とは言っておいてあった。それから二ヶ月もしないうち、ドライブに行こうと誘われて集合場所に行った。
そこには例のサークルの面々が…。
やられた、と思ったけど彼が私の腕をがっちり掴んで離さない。
「今日一日だけの辛抱だから。ね?ね?」
と囁いてくる。
そのまま先輩の車に押し込まれ、なぜか彼は助手席。
私は後部座席でセクハラ先輩に両脇を固められ、ずーっと腕や腿をさわられまくる。

 

1771722010/09/15(水) 13:19:28 ID: ID:zTFs12ED0

元彼は助手席で私のないことないこと悪口三昧。
なぜか私は金遣いが荒い、ビッチのクズってことにされていた。
学生なのにフリーターということにされ、浮気癖があることにもなっていた。
もちろん全部大嘘。
元彼は道中ずっと
「そのビッチの根性叩きなおしてやって下さいよ、先輩~」などと言っていた。
殺意が湧いた。現場に着いてBBQが始まった。
女は私を入れて三人。
みんな到着した時点でぐったりしていた。
BBQの間、もちろん男は何もしない。荷物も持たない。火も起こさない(鉄板はレンタル)
ビールが缶だからお酌せずに済むのだけが救いだった。
買出しは私が来る前、他の二人の女の子がやらされたらしい。こういう場だとしいたげられた者同士仲良くなるのかもしれないけど
私たちはお互い口もきかず、目も合わせずただ黙々と働いた。
いまだにあの二人の名前も知らない。
あまりにもただの苦行で、友情が芽生える心の余裕もなかった。

 

Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう