嫁の携帯を見てみた!過去メールを見ると男からのメールに「好きな気持ちを抑えるのがつらいです」と書いてあった。
嫁が熱心にメールをしているので後ろから近づいたら合コンの打ち合わせをしていた!
九州に出張に行ったはずの旦那と東海地方の実家に帰ったはずの私が東北地方の温泉旅館でバッタリ会って24時間後に離婚した話
<長編>嫁の日記を見たらもう真っ黒。「 あの人に会いたい」 「いますぐ会いたい」「 一緒に風呂に入りたい」などなど・・・二年前に貯金なしで4000千万の家を買ったのにどうすんだよ!
<長編>興信所からの写真には「男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。 負けた。妻とられた。」・・・妻の浮気を疑い出して半年、何度もやり直そうと試みた。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長編>夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・妻の浮気からの再構築?流産した子は俺の子か!
<長編>息子が突然お母さんがいたと走り出した、そこには子供を置いて家出した嫁が間男達と買い物してた、間男の子「違うよ。僕のお母さんだよ。(息子)君のお母さんじゃないもん」って言ったんだら修羅場になってしまった・・・嫁「やめて!おなかに赤ちゃんがいるの!」( ゜Д゜)ハァ?

388名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)11:01:24 ID: ID:yuf

私含め低IQのDQNしか出てこない話なので、
イライラしたくない方は読まない方が良いかもしれないです。

高校が同じで、私が大学進学してからもよく遊ぶ友達(以下A子)がいた。
A子は調理師の専門学校に進み、私より早く社会人になった。
お互い酒タバコがダメでドライブとカラオケが趣味だから気が合って、
2人で旅行に行ったりお互いの家に泊まりあったり親友といっても良い仲だった。

そんな風に過ごしている中、大学卒業3年後に私が結婚することになった。
マリッジブルーどころか、もともと結婚に憧れの強かった私はテンションMAXに。
実家から通勤した3年間に節約しまくって貯めたお金を全額ぶち込む勢いで好き放題にプランを組んだ。

そして当日。

チャペルに入った瞬間、ものすごい異物が目に飛び込んできた。
それは、真っ白のA子だった。
膝上10cmくらいありそうな白のドレスに、シャンパンゴールドのショール。
天窓からの光に照らされて、パッと見、本当に真っ白だった。
後から気がついたけれど、足元もラインストーンだらけの真っ白のハイヒールのサンダルだった。

私のテンションは一瞬で急降下。
やっぱり、マリッジブルーではないとはいえ、おかしな精神状態だったんだろうと思う。
それを見ただけで泣きたくなるほど悔しくなった。

さすがに本当に泣いたりむすっとしたりはしなかったけど、
披露宴のときのA子からの手紙のときはA子の目を見られなかったし、
2次会でもほとんど話せなかった。
なんと小さく幼稚なんだろう、自分……

私はそのまま夫の勤務先(地元からは飛行機の距離)に引っ越し、
A子とも年賀状とたまのメールでしかやりとりしなくなった。
その頃の私にはフェードアウトとか切るとかそういう発想がなく……。
でも、結婚式のA子を思い出すと悔しさで涙が出そうになるくらいには根に持っていた。
白いドレスを着てきたということ自体というよりも、
1年位かけて細かく計画して、お金もたくさんかけて自分の理想の式にするはずだったのに、
それにめちゃくちゃに泥を塗られたみたいな気持ちになっていたんですよね。

 

389名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)11:01:36 ID: ID:yuf



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!
そして2年後、待ちに待ったA子の結婚式がやってきた。
やっときた仕返しのチャンス。
アホなんです。アホなんです。本当。
恥をかくのは自分なのに。

地元で行われる、知り合いもたくさん出る結婚式。
もう私は引越し先で人間関係も作れていたし、
それこそ地元の知り合いには全員に嫌われてもいいというアホすぎる覚悟で臨んだ。

ミニは無理だったけど、純白に近いドレスにきらきら光るオフホワイトのボレロで出席。
チャペルでの式のときは話す機会はなかったが、披露宴でのテーブル回りでA子がやってくると……
びっくりするくらいの満面の笑みで
「遠いのに来てくれてありがとう!! てか、めっっちゃかわいいんだけど!!」と言って、
撮影スタッフの人に指示してツーショットを撮らせ、涙ぐんだ。

えっ、ってなりました。

二次会でもつもる話があるようで、かなり長い間私としゃべっていた。ありがたかった。
一人でいると、他の出席者の冷ややかな目が苦しくて苦しくて……
「私が白好きなの知ってたんだね!」
う、うん、こんなに天然というかアホだったっけこの人???と驚愕しつつひたすら幸せトークを聞いてました。
地元でよく遊んでいたときも度を越した無知とか世間知らずとか感じたことはなかったのに……

結果的に仕返しは、なんと言えばいいのか、完敗でした。

アホVSアホだけど悪意のないアホ=A子の方がよっぽどマシだった。

A子不在の共通の友人だけでやった4次会では当たり前のように真顔で説教されまくり、号泣してしまったw
A子とは今でも年賀状とフェイスブックで交流がありますが、
この前、結婚式での私とのツーショットをアップしていたので速攻で消すようお願いしたw

記憶ごと消し去りたい黒歴史です……

 

390名無しさん@おーぷん2016/02/03(水)11:45:41 ID: ID:gHa

>>389
墓場まで持っていけてないみたいだけど、面白かったw
本物のアホの子だったんだ
アホの子は389の結婚式のときに叱られなかったんだろうか

 

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.3



Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう