嫁の携帯を見てみた!過去メールを見ると男からのメールに「好きな気持ちを抑えるのがつらいです」と書いてあった。
嫁が熱心にメールをしているので後ろから近づいたら合コンの打ち合わせをしていた!
九州に出張に行ったはずの旦那と東海地方の実家に帰ったはずの私が東北地方の温泉旅館でバッタリ会って24時間後に離婚した話
<長編>嫁の日記を見たらもう真っ黒。「 あの人に会いたい」 「いますぐ会いたい」「 一緒に風呂に入りたい」などなど・・・二年前に貯金なしで4000千万の家を買ったのにどうすんだよ!
<長編>興信所からの写真には「男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。 負けた。妻とられた。」・・・妻の浮気を疑い出して半年、何度もやり直そうと試みた。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長編>夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・妻の浮気からの再構築?流産した子は俺の子か!
<長編>息子が突然お母さんがいたと走り出した、そこには子供を置いて家出した嫁が間男達と買い物してた、間男の子「違うよ。僕のお母さんだよ。(息子)君のお母さんじゃないもん」って言ったんだら修羅場になってしまった・・・嫁「やめて!おなかに赤ちゃんがいるの!」( ゜Д゜)ハァ?

825名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)15:09:02 ID: ID:V2l

よし、書き込みます!

職場の先輩に入社当時から苛められていて、すごくつらかった。
この先輩(S子とします)は、すごく美人で人気者で、おしゃれで料理上手。
なのに気さくで、と周囲に絶大な信頼があったので喪女の私がいくら上司に言っても信用されなかった。
だから、上司や先輩には相談できず、ずっと友達にだけ愚痴っていくしかなかった。

S子先輩は独身主義らしく、『結婚してもいいことないわよ』と言っていて、
周囲の信望者たちはフランスの事実婚みたいで素敵、とちやほやしていた。
当時S子先輩にはずっと同棲している年上のお金持ちの彼氏がいて、贅沢な旅行や生活ぶりがセレブっぽくて
それも信望者たちには憧れの的だったらしい。

 

826名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)15:16:05 ID: ID:V2l

私は貧乏で奨学金を支払いながらの生活で、水商売をしていた。
夜の仕事のお客様やママにはとてもよくしてもらったけれど、
水商売というものが蔑視の対象になることも昼の仕事をしていて身にしみた。
『夜の常識、昼の非常識というぐらいかけ離れたものなのよ』
とママからアドバイスされたことは今でも覚えている。

ただ、20代でてっとりばやく稼ぐなら水商売しかなかったし、風俗にまではさすがに
勇気がなかった。金額がもっと莫大だったらその世界に飛び込んでしまったかもしれないけれど、
私は運がよかったのかもしれない。

S子先輩や取り巻きの人達には
『あんな女が水商売とか(笑)』
と嗤われた。私がダブルワークしているのは入社当時に上司に正直に内情を打ち明けて、
それでも了解されたから。そういう意味でだけは、上司に感謝している。

 

827名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)15:24:54 ID: ID:V2l

とにかくダブルワークで忙しかったので、会社の飲み会には参加できず、
微妙にハブられているのもわかっていた。だから私は苛められていても
黙々と仕事をした。
おかげでこの不景気で人員整理の対象にはならず、取り巻き達は体よくクビになったけど
私はずっと安定して雇ってもらえた。それはS子先輩も同様で、そのうち私と仲良く話すようになった。
ただ、私を見下げているのだろうというのは会話の端々から見て取れた。

ずっと彼女を恨むほど暇ではなかったし、第一、仕事が私の全てではない。S子先輩のいない
仕事外の時間はぼっちなりに充実していて、正直、S子先輩が何を言ってきても気にしないでいようと
考えるようになってきた。

でも、ある日、ひどいことを言われた。

 

828名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)15:41:04 ID: ID:V2l

私は夜のお客様から子猫を貰って育てていて、ある時、障害があるのがわかった。
よちよち歩きの頃はわかりにくかったけれど、大きくなるにつれて一見してわかるほど。
里親だったお客様はこっちが申し訳ないほど謝ってきて、育てにくいのなら(ダブルワークで拘束時間
が長いとご存知だった)自宅に引き取ると提案してくださった。
私は毒親育ちで、不具があるなら要らないなんて猫相手でもどうしても思えなかった。
なので、気持ちだけありがたくいただいて育てた。
検査代や薬代など馬鹿にならなかったが、それでも可愛くて仕方なかった。

そのエピソードを、うっかり昼の仕事中に猫好きな同僚に話していたのをS子先輩に聞かれ、
ふたりっきりの時に尋ねられた。今でも馬鹿だったと思うが正直に話したら、

『お金かかって大変でしょ。
そういう猫ならすぐ●んじゃうから、次はもっと健康な猫貰ったらいいじゃない(笑)』

頭が真っ白になるってこういうことか、と思った。

あんまりにも酷くて、咄嗟に何も言えなかった。
でも、この酷い言葉を職場の誰も信じないだろうともすぐ気づいた。それだけ、S子先輩はいい人で通っていた。
絶対にふたりっきりの時でしか私を攻撃しないから、私が騒げば騒ぐほど逆効果だということも。

ずっと悶々として様子のおかしい私を心配したママや夜のお客様には、本当のことを話した。
ただ、里親になった方には絶対に言わないでください、と。障害がわかった時ですらあんなに気を遣って
くださったのに、これ以上心を痛めて欲しくないから、と。

 

830名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)15:59:16 ID: ID:V2l



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!
利用したようで申し訳なかったが、義憤にかられたママや他の常連様がこの話をよそでしないわけはないというのは
わかっていた。
里親のお客様に同伴に誘われ、問い質され、私は話した。
入社当時から苛められていたこと、水商売は確かに馬鹿にされても仕方ないが、それを理由に昼の仕事を
おろそかにしたことはないこと。なのになぜ、ここまで言われなくてはならないのか。
ペットを飼ったことのない人にはわからないかもしれないが、家庭が破綻していた私にとっては家族以上の
心の支えなのに、と。
お客様はずっとうんうんと聞いてくれた。

当時の私の夜の店での立ち位置は、
親に恵まれず苦学生から頑張って正社員の仕事を得て、奨学金を返済している子だった。
皆、あしながおじさんの気持ちだったのだと思う。
そして、私は友人以外に昼と夜の両方の愚痴を言わなかった。初めての弱音といってもいい内容が上記だったことで、
夜の仕事の関係者にはすごいインパクトだったと思う。

私がしたことは、里親のお客様にできるだけS子先輩の情報と性格を詳しく話した。
それだけ。

 

832名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)16:24:37 ID: ID:V2l

夜の仕事の関係者は昼の仕事や内容は知っていた。だから、私の話でどこの会社の誰がS子先輩なのか、
ということはちょっと調べればわかることだった。
逆に、昼の仕事の関係者には夜の仕事内容やそこで知りえた情報は一切漏らしていなかった。S子先輩は
私が場末のスナックで働いていると思っていたようだけど。

実は里親のお客様はS子先輩の彼氏の伯父さんで、親族経営している会社の実質的な権力者。
強面な外見に似合わず猫好きで、でもその素顔は奥様以外はご存じないとか(あまりにもギャップがあるのと
ご本人が恥ずかしいので親戚にも内緒にしているそう)
お子さんがいないので、甥であるS子先輩の彼氏が次期社長候補のひとりだったのだけど、常々結婚しようと
しない甥にきちんと責任をとって早く結婚するようにせっついてた。

そして、S子先輩は本当は結婚願望が強いということも私は気づいていた。
でもね、S子先輩の彼氏、他にあと二人彼女がいるんだよね。すごく彼氏に大事にされているというノロケを
聞いていたから、繁華街で手を恋人繋ぎして別の女と歩いている姿見て驚いたよ。
でも私はS子先輩にそれを教えてあげる義理もないから黙ってたんだ。だって本人が『浮気するならわからないように
してくれたらいい』って言ってたし、今のセレブな生活を手放したくなくてS子先輩が知らん振りしている
可能性もあったから。どっちにしろ、わざわざ教えてあげなくてもいいか、と。

 

833名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)16:41:32 ID: ID:V2l

結果としてS子先輩は彼氏の家から追い出された。
私の話を聞いて、伯父さんが興信所いれたんだそうだ。そしたら学生時代にひどいいじめをしていて示談
金を払ったことが判明。性根がそのころから全く変わっていない、と判断されたのだそうだ。
S子先輩は高校までは地方にいたから、そのあたりはきっと調べなかったらわからなかっただろう。

あれだけ大事にしてくれていたはずの彼氏は会社を継ぐために身辺整理をして、いいところのお嬢様とお見合い
して結婚。この辺りの事情はお金持ち特有の事情が絡んでいるので私も詳しいことはわからない。

私は、夜の仕事でも昼の仕事でも不要なことは言わなかった。それを周りがいいように解釈して面白いように
ことが進んだ。沈黙していれば、他人は勝手にこの子はこういう子なんだろうと決め付けて扱ってくるのだと
学んだ。欲しがる情報さえ与えれば、人物像なんて簡単に作れるんだ。本当はどうかなんて本人以外確かめようがない。

 

834名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)16:55:55 ID: ID:V2l

長々と書き込んですいませんでした。

ちなみに喪女の私は夜を寿退社して、お昼の仕事でまじめにおばちゃんやっています。
S子先輩は私への暴言が原因で彼氏と別れる羽目になったのを知りません。別れた後も贅沢が忘れられず
カードを使い続け、どうにもならなくなったので私がお店を紹介して場末のスナックと掛け持ちで働いています。
自分が苛めて馬鹿にした相手に世話になるなんて、と思うかもしれませんが、苛めた側は都合よく忘れている
ものですね。感謝までされた時には吹き出しそうになりました。

 

835名無しさん@おーぷん2015/11/02(月)17:12:10 ID: ID:QXD

S子先輩に知られるわけにはいかないから墓場だろうけど、そんな自分で思うほど黒くないよ
むしろ仕事真面目に頑張ってるじゃないの
…とまあ私なんかは思うわけだけど、お店のお客様とかもそう思ってたんだろうね

 

引用元:奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.2



Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう