Google AdSense

167名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:03:31 ID: ID:q70Y1HBn7

今夜旧友と呑む約束をしていて
思い出したので仕返しした昔話を

小学生のころ私は苛められていました
理由は気が弱く、当時の年齢としては大きな体格
太っていて足が遅い、それらが理由だと思います
当時私のいる小学校では足が速く明るいのが
ヒーローの条件でしたから

苛めの内容として、小突かれのろまと罵られたり
靴や物を隠されたりお約束通りのものでした

 

168名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:07:16 ID: ID:q70Y1HBn7

当時はまだイジメや体罰がさほど問題視されておらず
それを親に相談したら、気の強いおっかさん風味の母、
無学で熱い職人の父は揃って
苛められるお前が悪い!と言い
私を街の空手と柔道の道場に通わせました

 

169名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:11:19 ID: ID:q70Y1HBn7

幸いに、当時体格の良かった私は
試合などでもそれなりの結果を出し始め
格闘技が楽しく、好きになっていきました
イジメられることはもうどうでも良くなり
師範方も、決して私闘に臨んではいけないよ
君たちは格闘技者なのだから押して忍ぶように
と堅く戒められ、私もその戒めの意味はわからないながらに
それをかっこいいものだと思い守っておりました

 

170名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:15:50 ID: ID:q70Y1HBn7

 

管理人おすすめ10記事

<長編>嫁と間男は知らなかった!俺のオヤジは元8O3・・・絶対に面子を潰してはいけない人間がいる事を!
<長編>妻の浮気相手は俺のメインバンクの銀行員「自分とは釣り合わない女性が泣いて頼む姿を見て、その征服したい様な気持ちになりまして・・・」
<長編>妻が隠し持っていたSDカードの動画には、子供に目隠しして寝かせて間男と・・・ 私が入浴中に自宅に来た間男のブツを嫁が口での動画が、、、
<長編>14年間育ててきた娘の血液型が私からは生まれない血液型だった!
<長編>昨夜、妻の手帳から妻の浮気が発覚、嫁は浮気相手と海外出張中!帰国するまであと2週間
<長編>食事中の嫁と間のテーブルに座ってやった・・・ 嫁は俺を見て真っ青になってブルブル震えていた!間は顔を下げたままで固まっていた。
<長編>嫁と知らない男がホテルから出てくる写真が送られてきました・・・嫁の携帯を見ると「旦那をこれ以上裏切れないから別れて欲しい」とメールを送信していた!
<長編>嫁がメールの中で友人に「出会う順番が違えば」と言っていた・・・結婚一年なんだよ、まだ。
{観覧注意!}娘の頼みを無視し孫を見殺しにした私は、親として失格なのでしょうか?どうしてもあいつらを許せませんでした!
<長編>両手で顔を覆って5分くらい泣いて、嗚咽しながら嫁は言いました「ごめんなさい、浮気してしまいました」
中学に上がり学区は隣の小学校が加わる形になり
元々のイジメっ子に加え隣の小学校の者たちも加わり
私に嫌がらせする人数は増えていきました
あいつは何をやっても怒らない
と、当時彼らには仏像と呼ばれていましたねw
もうそのころはそういった雑事は気になりませんでしたし
友達も出来、勉強も面白いのでどうでもいいと
表面上は思っていました

 

 

171名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:23:34 ID: ID:q70Y1HBn7

さて、時は平成に入り、世間はとあるプロレスを越えようとした
プロレス団体の出現に世は格闘技ブームになり
私はもっと強くなりたいと欲し親を説き伏せ
当時最新鋭だった小さい空手団体に加入しました
俗に言う寝技関節技もアリのフルコンタクト
まだアンダーグラウンドな怪しい道場でしたw
そこに入るには生命の保証はない云々の誓約書に
時代錯誤な血判を押すというところであり
道場生は兄弟、親子であるという信念がありました
当時正に中2だった私は文字通り中2病全開でそこに傾倒していきました

 

172名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:28:48 ID: ID:q70Y1HBn7

受験が迫るプレッシャーでしょうか?
イジメは苛烈になっていきました
そして折しも格闘技ブームの中、イジメっ子たちも毒されたのでしょう
どこで噂を聞きつけたのかその道場に入って来たのです
驚きました、そして私は師範に相談しました
彼らは私を苛めている人達です、と
すると師範は笑って
そんなのは道場の外の話だ
ここではお前が彼らの兄貴分、可愛がってやれ、と
道場で言う可愛がれの意味はと言えば…そういうことですw

 








Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう