Google AdSense

<長編>嫁と間男ボコボコニして病院送りにしてやった・・・先に退院した嫁の携帯に「退院したそうだな、俺はお前の下等亭主のせいでまだ入院しなくてはならない、あいつにせいで俺の人生メチャクチャだ、お詫びとして病院に来て俺のザー●ン受け入れろ」徹底的に潰してやる!

<長編>2度結婚して2度不倫されるなんて、嫁なんか決意!というかキリっとした表情?? ・・・間嫁がどうか訴えるのだけはやめてと土下座「子供に罪はない。私の子供を犯罪者の子供にだけはしないでくれ」 は泣けてきた。

<長編>涙腺崩壊 嫁の間違いメールから浮気が発覚!逆恨みした間男が家の周りをうろついている・・・マジで死にたくないよ。子供達と離れたくないよ 俺が何したって言うんだよ。

嫁から「結婚前からあなたを愛してるなんて思った事一度もない。これからも死んでも思う事はあり得ない。」って言われちまった…。

<長編>夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・妻の浮気からの再構築?流産した子は俺の子か!

離婚して3年「何もかも捨てて間のところに行く」と言って出て行った元嫁が祖父の葬式に現れた・・・再構築してしまった!

<長編>嫁が交通事故で死んで多額の保険金が振り込まれたら、おふくろと弟夫婦がとんでもないことを言い出しやがった・・・「保険金で二世帯住宅を建てて みんなで一緒に住もう」見慣れたおふくろや弟の顔が、化け物に見えたよ

<長編>興信所からの写真には「男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。 負けた。妻とられた。」・・・妻の浮気を疑い出して半年、何度もやり直そうと試みた。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!

<長編>嫁の日記を見たらもう真っ黒。「 あの人に会いたい」 「いますぐ会いたい」「 一緒に風呂に入りたい」などなど・・・二年前に貯金なしで4000千万の家を買ったのにどうすんだよ!

<長編>息子が突然お母さんがいたと走り出した、そこには子供を置いて家出した嫁が間男達と買い物してた、間男の子「違うよ。僕のお母さんだよ。(息子)君のお母さんじゃないもん」って言ったんだら修羅場になってしまった・・・嫁「やめて!おなかに赤ちゃんがいるの!」( ゜Д゜)ハァ?

<長編>嫁が男と歩いているのを目撃した姉は嫁の浮気現場を調べていた・・・俺はある賭けに出ました 出張とだまして家にカメラを置き家を空けました。

<長編>ホテルに入って行った嫁と間男!二人が出て来るまでの2時間のあいだ私は間男の車のボンネットに座って笑っていた!

6: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)13:09:59 ID:???

もうずっと前の話
知り合いが某有名女流作家と結婚した。
結婚式は身内だけという事だったんだけど、
他にもお祝い事がある人達がいたので
友人知人仕事関係まとめて簡単なパーティーをした。
みんな祝福モードかと思いきや、そうでもない一団がいて
それはわりとエリート?っぽい28~40才位の男性グループ。
新郎と関係があるみたい。大学のOBつながりっぽかった。
その人達はずっと「あいつ馬鹿だよなw」
「よりにもよって女の文字書きを嫁にするとかw」
「はいネタ人生決定おめでとう!」
「する事なす事全部ネタにされるんだぜw離婚してもw」
「子供とか虐待しそうじゃね?」
「物書きはみんなくるってるからなーw」
「じつは嫁の作品売れてないんでしょ?ブクオフに積まれてたw」
「あいつヒモになるのかなーw」「不倫上等って感じw」
「嫁に仕事回して貰おうとか企んでるんじゃないのw甘いよなー」
新郎本人が来てもそんな事言ってるの。他人だけどビックリした。

そしたら、近くにいた奇麗な女性(彼らと知り合いらしい)が
「なんでそんな事言うの?」と不思議そうに聞いた。
「お祝いの席なのに、どうしてそんな嫌な話ばっかりしてるの?
本当はおめでとうなんてちっとも思ってないの?」と。

男性達は「いや、だってwそうでしょwww」と答える。女性は
「え、私は全然そうは思わないし、凄い思い込みだと思うけど…。
でもアナタ達がそう思うのは良いとして、なんで声に出したの?」
ちょっとしどろもどろになる男性達。女性は更に
「何の為に、この場でそんな事を言ったの?本人達にまで。
私良く分からなくて。あなた達が言ってる事、悪口だし
聞いていてとっても不快なんだけど、もしかして楽しいの?
あの二人がこれから不幸になるって話だよね?
その話をするのが、とっても楽しいの?なんで?」って
ゆっくりした落ち着いた優しいトーンで、ふわっと聞いた。

 

7: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)13:18:06 ID:???

男性達は「や、別に不幸とかじゃくて、勿論おめでとうですよ
俺たちなりの祝辞っていうかー、男なりのそういう…」
すると近くにいた別の男性(こっちも知り合いらしい)が
「じゃあ、俺もお前らが結婚する時や子供が産まれたとき、
今のお前達みたいな感じでお祝いしてもいいか。
男なりのお祝いの言葉なんだろ?」と言った。

するとその男性陣は「もちろん良いですよーなあ!」って
言ったけど、奇麗な女性は
「え、そうなの?私は嫌だな。お祝いは、優しい言葉が良い。
意地悪な言葉で離婚とかヒモとかネタとか、そんなふうに
言われたくないな…。別に面白くないし、何の為にそんな
言葉使うのかも解らないし…。○○君達って変わってるね。」
と言って去っていった。

男性陣は周りの視線に気付いたのかコソコソ移動していった。
その後、新婦(女性作家さん)本人が挨拶に回ってきたんだけど、
その時はその男性陣はみんな大人しくしてて何一つも
言えなかった。で、新婦がいなくなったらまた悪口開始。
帰り際に「有名人もっといっぱい来ると思ったけど
全然いなかったなw 結局たいしたことないんだよなあ」
って言ってたから、僭越ながら
「あの、著名な方達が来て派手にパーティーするのは
二次会からですよ。これから移動です。一次会は
仕事がらみや来たい人を全員ご招待っていう形ですよ。
もしかして二次会のチケットお持ちじゃないんですか?
わあ残念。呼ばれてない方は絶対に入れないから…」
と教えて差し上げた。
男性陣は新郎を捜してウロウロしてたけど見つからず
会場も解らないから帰るのみ。
「俺たちを切るなんて、あいつ馬鹿な事したもんだよ」
とかなんとか言って地下街へ消えていった。

それだけの話なんだけど、男の嫉妬って凄いなあと衝撃だった。

 

8: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)13:39:33 ID:???
切っても、枝毛切るほどにも後悔の湧かない友人だな

転載元

https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1409295670/

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう