<長編>結婚記念日旅行の時なんの疑いもなく覗いた嫁のスマホを見ると・・・嫁が俺の親友と不倫している!
隣の家が火事になった、妻が俺の母親を助けずに双子の1歳児のみを抱えて出てきた!いくら母とうまくいってないからって?もう嫁への愛は急降下。
<長編>嫁と娘の3人で買い物に行ったら元嫁とバッタリ会った・・・何か嫌な予感したんだけど元嫁が復縁迫って家に凸してきやがったw
子供がイジメられている、担任に直訴したが「証拠はない」と一切指導も無し、私は学校の近所に車を駐めイジメの様子を泣きながら撮影。イジメの様子を見た校長は「コレはイジメとは言えません」
<長編>妻から ” 先に間男との妊娠が判明してから ” 「死ぬほど嫌だったけど生でアンタに抱かれてやった。」と言われました。
結婚記念日にケーキを買って帰ったらため息つかれたよ 「厭味ったらしい」だってさ!さーっと頭から血が引いた
<長編>妻の浮気!息子の親権を主張しない俺に嫁が「本当にいいの?」俺「僕の子かどうかわからないからね。」
<長編>嫁の貞操観念は初めて浮気をした瞬間に跡形も無くぶっこわれちまったんだろうな・・・好きでしかたがなかった嫁の身も心ももってかれたわけで悲しいね!
<長編>浮気が発覚して別居中の嫁が彼岸の墓参りに待ち伏せ!涙ボロボロ流してすがり付かれた・・・嫁を抱き起こしてやさしく言ってやった。 「ここには入れないよ。」
俺に問題がありほぼ不妊と医者に言われ離婚することに決めた・・・数年後、俺は再婚して一男二女の親になれたが元嫁は今も独身で子供が望めない年齢が近づいている!
167: 2007/08/22(水) 12:34:15
彼女の方は勿体ない気もするが俺の人生の方が大事だ
うまくおだてつつもフェードアウト作戦、
俺は性病検査へ、恥ずかしかったけどこれも復縁の為と我慢我慢
ある日ヨメが自分の携帯いじくり回してる。
「何してるの?」「君の彼女にメールしようと思って、
ただメールアドレス、1回しか見てないからまだ送れてない」
ゲェー!!こいつおぼろげな記憶でメールしようとしてるよ
つーか無理だろw 口裏だけは合わせておこう
そう思いながら会社へ、会社ついたら職場メールに彼女から
(携帯は取り上げられていた)
「奥さんからメールが来てる。返信した方がいい?」
俺は運を天に任せて(女同士けんかして終わってくれ)任せた
ヨメは彼女に俺がヨメをなだめるために言ったことをばらした
「下着がババクサイ、生理上がってるから生でも大丈夫、マグロ
フェラされると珍子が臭かった」ほかにもいろいろ、
向こうも俺がいったヨメの悪口ばらしやがった

 

168: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 12:34:23
笑ったコピペに貼っていいか?

 

169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 12:35:53
ナンバリングはきちんとな

 

170: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 12:46:18
笑い話じゃねえってw ほんと大変だったよ

 

175: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 12:57:19
普通なら、こういう奴はむかつくが
なぜか憎めない。むしろ心地よさを感じる

 

176: 2007/08/22(水) 12:59:33
ナンバリング スマン
彼女からは 実は別れてない、奥さんは出て行ったと聞いていた
仮面夫婦で何年もSEXが無い、大事にして貰えない、
食事もない、真っ暗な部屋に総菜がおいてあるだけだと聞いたので
可哀想で世話していたと、
全部事実無根とヨメが言い、彼女からは俺に「2度と連絡するな」
とメール(泣) 帰ったらヨメをとっちめようと
俺の人生そこまで干渉する権利ねえだろ!奮い立たせながらも
膝ガクブルで家に帰宅 そこにはしょんぼりして泣いてるヨメ
「君にとって、私の出産、自分の子の誕生は私の勝手で家を出たとしか
評価してくれないんだね。毎晩食べてた食事はどこに行ったの?
私はご飯作って、君はそれを食べていたよ?栄養源はドリンク剤って
どういう事?」
もう、謝るしかなかった、2人で泣いたさんざん泣いて泣いて
子供のためにやり直そうと決意した、
1年、チクチクやられながらもなんとか過ごした、
ただヨメは俺のこと大好き人間では無くなっていた、
喜怒哀楽の激しいヨメがちょっと無感動な人になってた
俺の親にも懐いていたのがよそよそしくなった、
親との旅行を企画してくれてそれは一生懸命やってくれたんだが
前なら「今度どこいこう?(キラキラした目)が「義理は果たした(はぁ~ため息」
に代わってた。取り返しのつかない溝を作ったと今更ながら後悔

 

178: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 13:03:29
嫁のそれまでの生活を全部無意味なものにしたわけだもんな
ひでーよな

 

179: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 13:06:13
>>178
それ、ヨメにも言われた、出会ってからの10年無駄にしたって、
子供は宝だけど10年は無駄だった、
10歳若かったら私何できただろう?あれもできた、これも出来た
そればかり考えるって、10年前の自分が腹立たしいとさえ(トホホ
でもね、俺も、悪いことしちゃったけどヨメはヨメでヨメなんですよ
どうしたらわかってくれるのかなーあー

 

185: 6 2007/08/22(水) 13:13:37
なんとかなんとか修羅場は乗り切った!と思ってたのは俺だけで
ヨメと彼女のバトルはなんと1年続いた
ヨメは疑問はとことん追求するタイプで彼女の生き様について生態調査
のようなことをしてた。彼女の方は、(これはあとでヨメにメールを見せて
もらったんだが)老齢の両親を抱えて将来が心配。ご主人エリート
私にちょうだい。ゲエエェ!恐怖だよ、ちょ、おま40半ばでウオイ!
今までと同じようにつきあいたい、とか婆、気が狂ったかと思ったよ。
ヨメ切れる 「あなたは加害者!」
彼女「えー私加害者なんですか?騙されたんですよ」
彼女の狙いは手切れ金だった模様、きっと今までも別れの際には貰ってたんだろう
やりとりは月1程度の細々としたもので それも次第に減っていった

 

186: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 13:14:19
嫁の人生狂わせたことわかってんのかなー、コイツ

 

195: 2007/08/22(水) 13:23:49

俺にとって、修羅場は忘れた頃にやってきた
朝早く、何を思ったかヨメはパソコンをいじっていた
グーグルで彼女のフルネームを検索したのだ
そうしたらだ、住所録がヒットした、ヨメ騒ぐ 「何これー」
その住所録には俺の住所も、「誰かが漏らしたのか!」
その後もヨメはいじくり回す、そして判明したのだがグーグルの検索ではなく
グーグルから俺のデスクトップ検索で引っかかったのだ
ネット上に流れたわけでは無かった、ほっと胸をなで下ろすのもつかの間
そのヒットには2件引っかかったのだ
1件は住所録、もう1件はネット上で彼女の名前を使って一時期流行った
成分分析をした記録が残ってたのだ、アチャ機嫌悪くなるなーと
思いその場を離れた・・・・・・・・・・・・



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!

「ぬあんんじゃこれ ふっざけんなあああああああああ」
ヨメの怒鳴り声、昔のヨメなら「何これーきゃあ」だったろう
修羅場はヨメを男らしくしてしまった

グーグルを使ったPCのキャッシュを漁ったヨメは見てしまった
発覚後、携帯を解約させられた後、会社PCでは都合が悪いので
フリーメールでやりとりしていた彼女とのメールを・・・

修羅場の最中も口説いたり、子供の病気の時もSEXしてたり
ヨメが数日実家に帰った隙を逃さず彼女のマンションでまったりしていた
その証拠を!

 

 

200: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/22(水) 13:30:55
いや、まて俺も心から悔いてる
ヨメは子供産んで親になったが俺はまだ親になる覚悟とか固まってなかった
そこのずれが俺に恋愛させたと思う、あと妊娠中のヨメはいつもだるそうで
いろいろ蔑ろにされた。産んだ直後は機嫌悪かったのもある
そういう少しのずれがついふらふらとさせてしまったんだと思う
ある日スパーッと目が覚めたんだ。俺は今まで何してたんだと
まるで悪魔にでもとりつかれてたみたいな感覚、


Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう