<長編>結婚記念日旅行の時なんの疑いもなく覗いた嫁のスマホを見ると・・・嫁が俺の親友と不倫している!
隣の家が火事になった、妻が俺の母親を助けずに双子の1歳児のみを抱えて出てきた!いくら母とうまくいってないからって?もう嫁への愛は急降下。
<長編>嫁と娘の3人で買い物に行ったら元嫁とバッタリ会った・・・何か嫌な予感したんだけど元嫁が復縁迫って家に凸してきやがったw
子供がイジメられている、担任に直訴したが「証拠はない」と一切指導も無し、私は学校の近所に車を駐めイジメの様子を泣きながら撮影。イジメの様子を見た校長は「コレはイジメとは言えません」
<長編>妻から ” 先に間男との妊娠が判明してから ” 「死ぬほど嫌だったけど生でアンタに抱かれてやった。」と言われました。
結婚記念日にケーキを買って帰ったらため息つかれたよ 「厭味ったらしい」だってさ!さーっと頭から血が引いた
<長編>妻の浮気!息子の親権を主張しない俺に嫁が「本当にいいの?」俺「僕の子かどうかわからないからね。」
<長編>嫁の貞操観念は初めて浮気をした瞬間に跡形も無くぶっこわれちまったんだろうな・・・好きでしかたがなかった嫁の身も心ももってかれたわけで悲しいね!
<長編>浮気が発覚して別居中の嫁が彼岸の墓参りに待ち伏せ!涙ボロボロ流してすがり付かれた・・・嫁を抱き起こしてやさしく言ってやった。 「ここには入れないよ。」
俺に問題がありほぼ不妊と医者に言われ離婚することに決めた・・・数年後、俺は再婚して一男二女の親になれたが元嫁は今も独身で子供が望めない年齢が近づいている!

922おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/03/25(土)15:36:45.47 ID: 1vt8MRgl.net

俺の修羅場書いてもいい?
じゃ書く
長いので小分け今となれば笑えるけど、当時はみんなそれぞれ悩んだ家族の修羅場産みの母は、俺を生んで死んだ。
心臓周りの血管に元々持病があったらしい。だから、俺は産みの母を知らない。
産みの母が死んで、俺を育てるのに必死だった親父をすぐに助けたのが、二つ下で父の幼なじみだった養母(以後母と)
ちょうど、母にも子供(姉貴)がいて、丁度いいからと面倒を見てくれた。そっちの父とは離婚したそうだ。理由は知らん。教えてくれない。
そこで色々あって、俺が3つの時に再婚、四人家族になった。まあ、父方の祖父母曰く、収まるところに収まったんじゃろ、とのこと。(別に産みの母を嫌っている訳では無い。むしろ褒めていた。)
ところが、小4の時に、親父が死んだ。
心臓だった。めちゃくちゃ朝早いはずの親父が朝起きて来なくて、そのまま冷たくなってた。
俺も、姉貴も、死ぬほど泣いた。両親の祖父母の手助けで生きていたが、中学2年の時に、母が再婚した。同じように嫁さんを病気で無くした、近くの大きな鉄工所のオーナーだった。親父と、そんなに年変わんないんだ。
そこにも、弟と妹がいた。というか、姉貴→妹繋がりで知り合って、再婚、となった。ここでまず、俺の脳内修羅場発生。
「血が繋がった人がいなくなった。」この修羅場が表に出たのが、俺の大学受験のとき。
父の意向で高校、大学、院までぶっ続けで行ける技術系の学園にいたんだけど、ある日父に
「お前、大学どうする?受験?エスカレーター?」
って言われて
「受験はしません。エスカレーターもしません。就職して、家を出ます。これ以上、迷惑はかけられません。俺は、あなた方と血が繋がってないんです」
って返した。返してしまった。
自分でも、やっちまったな、とは思ったわ。でも、しょうがないじゃん。技術系の大学の学費、私立たけーんだって。年間、基本で150行くんだぞ。追加で色々発生するし。で、弟妹もいるしな。
無論、死んだ父母の保険金や、既に亡くなってる父方祖母の保険金やらで俺ひとりでも賄えない事は無い。盛大にお釣りが来る。でも、多分、親父はそれを使うことを許さない、そういう人だ。分かってたから、そう言った。家を出ますってね。ぶった斬るならここしかない、って。

 

923おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/03/25(土)15:38:36.18 ID: 1vt8MRgl.net

雰囲気というか、空気が凍った。
みんな止まった。
最初に動いたのが姉貴だった。
まず思いっきりビンタ一発。
いい音したね。あんな衝撃はあれ以降お目にかかったことがない。頭ぐわんぐわんしたよ。吹っ飛ばされて廊下のドアのガラス割ったよ。
それよりやばかったのは、女3人そこでボロ泣きしてるその光景。
まさか、付き合い浅い妹まで泣くとは思わなかった。
姉貴と父はハッキリブチ切れてた。
弟は、呆然としてた。そこで聞かされたのが
死んだ親父が行きたかった学校に今俺が行っている
って事。
死んだ親父は、高校卒業して、でもお金がなくて、その大学行けなくて自衛隊行って技術や資格を身につけてた。
で、どうやら俺と親父の思考がよく似てるから、高校からここに入れよう、って生前言ってたそうだ。
俺はてっきり、父が鉄工所やってるからそこに入れたんだと思ってたけど、全然違ったよ。知ってたんだその話を父はな。何で俺に教えてくれないよ?
その後、一晩中こんこんと説教されながら説得されて、家族の前で「大学行きます」って宣言させられた。
学費出してもらう代わりに鉄工所で下働きする、って言ったけど笑い飛ばされて、じゃあってんで資格取得に関係するお金は自分で出す!って押し通した。ここはもう引けなかった。結局その後、院まで行って、就職探す段になって
「弟は鉄工所要員として使い物にならないからウチ来い(父)」
となり、今じゃ俺は製品開発部のチーフですよ…
あ、別に弟ダメじゃないですよ?
頭が電気寄りなんで、電気工事士1種と、工事担任者と、あと、なんか家庭関連の資格いろいろ取って仕事してます。
家電なんちゃら整備エンジニア?とか持ってたな。結局、血は繋がってないはずの俺が、何故かきっちり長男扱いされ、会社の跡継ぎ扱いされ、父と妹と3人汗だくになって帰ってきて、みんなでせーのでビールを飲む、そんな家庭の、昔のお話

 

924おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/03/25(土)16:21:52.47 ID: nZFRCvZT.net



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!
>>923
家族全員幸せになーれ

 

927おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/03/25(土)16:58:09.16 ID: unRt+zSv.net

血の繋がりがあっても冷え切ってたり崩壊してたりする家族なんて数多あるし
血の繋がりがなくてもちゃんと情愛で繋がってる家族の話はほっこりするな

 

937おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2017/03/26(日)00:32:57.61 ID: fqt0Ny1G.net

鉄工所の父さんの器が大きすぎて凄い

 

943915@\(^o^)/2017/03/26(日)14:42:18.01 ID: FPxuBAgF.net

>>937
養父一家には苦労かけたとは思いますよ。俺は義弟のことなんか全く知らなかったのに、あれよあれよで結婚してましたから。
姉貴と、弟妹には繋がりあったんですが、まぁ色々と私が拒絶してた時期だったので…部活やら何やらで逃げてました。ええ。父は父で自分の実子の上に、さらに連れ子同士の2人まで抱えて、しかもその2人は思春期ど真ん中、っていうね…
社会人になって、父の下について、家帰って弟と一緒に男3人ビール飲んでたらなんか色々吹っ切れましたけど、それまではやっぱり「父さん」と呼んではいても「あの鉄工所のおじさん」なわけで。
俺は弟から「跡取り」って立場を奪った張本人でもあるわけで。
自分の稼ぎで食えるようになって、ようやっと腹割って色んなことに決着付いたなって、今はそうやって笑えています。気持ちの整理も兼ねて書き込んで良かったですよ。

 

945915@\(^o^)/2017/03/26(日)15:09:19.03 ID: FPxuBAgF.net

>>943
もし、1度だけ過去の自分をぶん殴れるとしたら、再婚しようかと思う、って聞いてきた母に「貴女の人生なんだから貴女が決めればいいじゃない」って極めて素っ気ない言葉をとったこと。
なんか、やっぱり難しいというか、「親なのに親じゃない」みたいな部分、母にもありまして。
生後半年から育ててもらってんだから実母と変わらんつーのにな…昔言ったけど、戒めと懺悔も込めてここに置いておく父さん、母さん、生意気な口きいて、何もわからんのに拒絶して、すまんかった。
弟、何言ったらいいのかわからん、すまんだけじゃない。ありがとうもだ。多分、裏にあるものはお前なら分かってるよな。あんだけ殴り合いの喧嘩したんだし。
妹、いつも会社の受付とアナウンス役、お疲れ様。ノド痛めんなよ

産んでくれたかーちゃん、貴女が命と引換に産んでくれたから、俺は今ここにいます。ありがとう。
親父、なんも恩返し出来てないまんま逝っちまいやがってバカヤロウ。あと50年もしたらそっち行くから産みの母紹介してくれや
姉貴、あのときぶっ叩いてくれてありがとう。俺に弟妹と、父親を与えてくれてありがとう。で、頼むから俺の機材入ってるガレージに甥っ子入れるな危ないから(笑)

うん、これで全て終わり。聞いてくれてありがとう。書いてて泣けてきたよ
じゃあ、名無しに戻る。

 

引用元:今までにあった修羅場を語れ 33話目



Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう