嫁の携帯を見てみた!過去メールを見ると男からのメールに「好きな気持ちを抑えるのがつらいです」と書いてあった。
嫁が熱心にメールをしているので後ろから近づいたら合コンの打ち合わせをしていた!
九州に出張に行ったはずの旦那と東海地方の実家に帰ったはずの私が東北地方の温泉旅館でバッタリ会って24時間後に離婚した話
<長編>嫁の日記を見たらもう真っ黒。「 あの人に会いたい」 「いますぐ会いたい」「 一緒に風呂に入りたい」などなど・・・二年前に貯金なしで4000千万の家を買ったのにどうすんだよ!
<長編>興信所からの写真には「男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。 負けた。妻とられた。」・・・妻の浮気を疑い出して半年、何度もやり直そうと試みた。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長編>夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・妻の浮気からの再構築?流産した子は俺の子か!
<長編>息子が突然お母さんがいたと走り出した、そこには子供を置いて家出した嫁が間男達と買い物してた、間男の子「違うよ。僕のお母さんだよ。(息子)君のお母さんじゃないもん」って言ったんだら修羅場になってしまった・・・嫁「やめて!おなかに赤ちゃんがいるの!」( ゜Д゜)ハァ?

826: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:03:31 ID:DvjUR1VWO

登場人物
A男→自分です。24歳会社員
B子→職場の同僚。25歳。うえとあや似
C夫→B子旦那様。31歳
D美→自分の嫁。28歳。コロボックル
年齢は当時のものです。

数年前、いつものように出勤したら何やら不穏な空気。自分が顔出した瞬間みんなが黙る。ちらちら見ながらこそこそ話。
なんだ??と訳わかめな俺。訳わからんままお仕事してたら上司に呼び出しくらった。
上司「…まあそこに座れ」
自分「…ハイ」
眉間にシワがこれでもかってくらい出てる。これはヤバい、かなり怒っていらっしゃる。
でも理由がさっぱりわからない。
自分「あの、どういったご用件で…?」
上司「お前、社内で不倫するとはどういうことだ?」
あるひーパパとーふたりでー
ってなぜかこの歌が頭んなか流れました。

828: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:13:03 ID:DvjUR1VWO

俺「はいい!?なんすかそれ!?」
上司「しらばっくれても無駄だ!証拠は上がってんだ!このアンポンタンがっ!!」

ちなみに補足しとくが上司と俺は結構仲いいです。多分この時の怒りは可愛さ余って、みたいな感じだったんじゃないかしら。
俺「ちちちちがちが!絶対してないっす!できるわけないし!」
上司「相手がゲロッてんだよ!正直に言えよ、な?」
俺「ゲロなら今僕が吐きたいっすよ!なんだーもーわけわかんないー」
上司「落ち着け。いいか、相手も結婚してるんだぞ?好きになったからとかじゃゆるされないんだぞ?」
俺「上司が落ち着いてくださいよ…」
上司「お前嫁さんに悪いとは思わんのか?」
俺「俺は嫁さん大好きっすよ…悪いことなんかなんもしてませんっ!」

一瞬上司の口元が緩んだ。
上司「…本当にしてないんだな?」
俺「してませんよ…心当たりも更々ないです。てかゲロ吐いた人て誰なんですか」
上司「ん?ああ、B子だ」

829: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:14:18 ID:DvjUR1VWO
俺「…ハ?」
びっくりしました。B子とは同僚で特段仲いい訳でもないし、携帯番号は知ってたけど業務連絡しかしたことないし。
ぽかんとする俺に上司は取りあえず職場に戻れ、と言いました。
戻って気付いたんですがそういやB子出勤していないようでした。冷たい視線を浴びながら数時間職務をこなし帰途へつきました。
831: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:22:27 ID:DvjUR1VWO
家に帰るといつもなら玄関までお出迎えしてくれる嫁さん出てきません。
あれ、まさかあの話がもう耳に入ってるとか?と思いながらリビングへ。ソファーで寝てました。
ただいま、と声をかけるともぞもぞとしてむくりと起き上がりました。
目がぱんぱんに腫れ上がってました…。
俺「なにごと!?」
嫁さん「…なにごとって…」
俺「あ…」
全てを察する自分。取りあえずアイスノンを嫁さんに手渡して話し合いを開始しました。
俺「えーと、俺も訳わかんないんだけど、話聞いたの?」
どうやら嫁さんの職場のパートのおばさんがB子旦那様(以下C夫)の知り合い?親戚?だったらしく上記の事を全部話してくれてその上「貴方も慰謝料ふんだくって別れたらいいのよ!」と言われたらしいです。で家帰ってずっと泣いてていつの間にか泣き疲れて寝てたらしい。
俺唖然茫然。
なんだか痴漢冤罪とかそういう人の気持ちでした。
言葉失ってる俺に嫁さんがぽつりと言いました。
嫁さん「その人が好きなの?もう離婚なの?」
ちょっとしか開いてない目にまたみるみるうちに涙が溜まっていきました。
832: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:23:15 ID:DvjUR1VWO

自分も涙目になりながら必死でひたすら弁解?と言うか、自身もさっぱり意味不明な状況だったので、「やってない、絶対あり得ないから。俺も混乱してるけど、お前悲しませるようなことは絶対してないから!」と連呼するしかありませんでした。
嫁さんはアイスノンで顔半分隠れてたけどちょっと落ち着いたらしく、「わかった。でも正直すごく不安だから、何がどうなってるのかちゃんとしてくれるかな?」と言ってくれました。



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!


この言葉に少し安堵すると同時に怒りが沸々とわいてきました。
プライベートな話すらロクにしていないB子となんでそんな事になってんだ?何でこんな俺を陥れるような事を?
溶けてふにゃふにゃになったのを冷え冷えのアイスノンと交換し嫁さんを寝かしつけて、B子に電話してみました。
当たり前ですが出ません。
でも脳みそ沸騰していた俺はかけ続けました。
七回目のトライで通話。「はい。」と低い声。出たのはC夫でした。

837: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:32:08 ID:DvjUR1VWO
俺「あ、あの、〇〇さん(B子名字)の携帯でしょうか」
C夫「はい」
俺「〇〇さんの旦那様ですか?」
C夫「はい」
携帯から伝わるピリピリした空気。誤解とは言え浮気相手ですから仕方ないんですけどね…
俺「〇〇さんは?」
C夫「今あなたからの電話に出すわけにはいかないですね。言いたい事があるなら私から伝えますが」
俺「はい、では〇〇さんにお伝えください。何を思ってこんな事に巻き込んだのかは知りませんがとても迷惑です。あなたとは会社で少し話すくらいしかしたことありませんよね?それが浮気と言われるんでしょうか?
838: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:32:53 ID:DvjUR1VWO
あなたへの関心などこれっぽっちもないのに。この件で私だけでなく家内も酷く傷付いています。これ以上続けるのならこちらとしても考えがあります」
正直何も考えてはいませんでした。何が出来るかとかも分かりませんでしたし。
まくし立てた俺の言葉を黙って聞いていたC夫が口を開きました。
「調べればすぐにわかる事ですよ。ちなみに今の発言は録音してあります」
俺「はあ、そうですか。どうぞどうぞ。色々調べてくださいよ。探偵でも何でも寄越してください。と言うかその方が有り難いですね、私の身の潔白を証明出来ますし」
840: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:34:42 ID:DvjUR1VWO
俺「と言うか、あなたも交えて〇〇さんとも話がしたい。本当に混乱しているんですよ。」
しばらくの沈黙の後電話越に何か話しているのが聞こえました。
しばらくした後「…わかりました。では明日話し合いの場を設けたいと思いますがいかがですか?」
俺「はい、早めの方がいいです。こんな訳のわからない事に巻き込まれてウンザリしてますから」
C夫「明日また連絡します」と言って電話は終了しました。
終わった後も頭がカッカしてました。人に対してこれだけ喧嘩腰で言葉を放つのは産まれて初めてだったかもしれません。
本当に頭に来てました。大好きな人を自分のせいで泣かせてしまった。自分のせいなのに自分が状況を把握していない。その現状にイライラしていました。
その日はお酒を飲みソファーでそのまま寝てしまいました。
847: 恋人は名無しさん 2009/06/07(日) 04:47:12 ID:DvjUR1VWO
もう!さるさん嫌い!
翌日嫁さんに起こされました。目の腫れはだいぶ引いていました。
「会社遅れちゃうよ、てかソファーで寝て…体痛くない?」
あんな事があって俺の事を信じられなくなっているはずなのに、いつものように優しく起こしてくれる嫁さんをみて絶対誤解をといてやる!と鼻息荒くなりました。
嫁さんを泣かすやつは俺の敵です。だから「ほたるの墓」も俺の敵です。
Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう