嫁の携帯を見てみた!過去メールを見ると男からのメールに「好きな気持ちを抑えるのがつらいです」と書いてあった。
嫁が熱心にメールをしているので後ろから近づいたら合コンの打ち合わせをしていた!
九州に出張に行ったはずの旦那と東海地方の実家に帰ったはずの私が東北地方の温泉旅館でバッタリ会って24時間後に離婚した話
<長編>嫁の日記を見たらもう真っ黒。「 あの人に会いたい」 「いますぐ会いたい」「 一緒に風呂に入りたい」などなど・・・二年前に貯金なしで4000千万の家を買ったのにどうすんだよ!
<長編>興信所からの写真には「男に甘えてすがりつきながらうっとりした表情の妻。 負けた。妻とられた。」・・・妻の浮気を疑い出して半年、何度もやり直そうと試みた。俺の体重が15キロ痩せても妻は気づかない!
<長編>夫婦の心は壊れていた!嫁は流産・私は上司からのパワハラ・・・妻の浮気からの再構築?流産した子は俺の子か!
<長編>息子が突然お母さんがいたと走り出した、そこには子供を置いて家出した嫁が間男達と買い物してた、間男の子「違うよ。僕のお母さんだよ。(息子)君のお母さんじゃないもん」って言ったんだら修羅場になってしまった・・・嫁「やめて!おなかに赤ちゃんがいるの!」( ゜Д゜)ハァ?

5名無しさん2014/03/31(月)08:50:19 ID: ID:???

結婚前、歯科衛生士やってたんだが
変態の男性患者がいたんだ。
印象材で歯型を取る時に指で押さえていると
その指を舐めまわしてくる。
偶然舌が指に当たったってレベルじゃなくて
文字通り「舐めまわして」くる。
しかもニヘラニヘラ笑いながら。
それがもう気持ち悪くて気持ち悪くて。
その患者、あちこち虫歯だらけで私は2回型を取って
もうひとりの同僚も2回取ったんだけど
その同僚も同じことされたって。
で、時は流れて10年ほど経った頃のこと。
私は結婚して仕事は一旦止めて子育てに専念していた30代半ばごろ。
学生時代からの仲間内で最後の独身者だったA子から婚約の報告。
披露宴は身内だけでやると聞いたので、
仲間内でお祝いパーティやろうって話になった。
そのパーティで紹介された婚約相手があの変態だった。
変態の方は私のことなど覚えてないけど
私の方は忘れもしない顔。名前も確認したら間違いなかった。
A子、その結婚やめろぉ~!そいつは変態だぁ~!
そう喉元まで出かかった言葉を飲み込んだ。
A子、幸せそうだったんだ・・・。
その後、その事は誰にも言えず
A子が結婚後の新居にみんなを招待した時も
私は嘘の理由をつけて行かなかった。
そして2年ほど経ってA子は離婚した。
離婚の理由は「生理的に一緒に生活できなくなった」とだけ言ってたが
詳しいことは語りたがらない。
この時に余程あの歯科医院でのことを話そうかと思ったけど
やっぱり言わなかった。
今更行ってもA子を苦しめるだけだろうし、意味のないことだと思えたから。

6名無しさん2014/03/31(月)09:17:14 ID: ID:???



Google AdSense



管理人おすすめ小説風記事

<長長編>映画化もされた「風俗行ったら人生変わったwww」※観覧注意!どんどん引き込まれていく展開に途中で読むのを辞めにくいです、時間に余裕が有る時に読んでください。
<長長編>「俺たちは・・・親友だよな・・・?」俺と彼女と親友の辛く切ない三角関係「憧れの1人暮らしで隣人に恋した」
<長編>{涙腺崩壊}書籍化された感動のまとめ「ゲーセンで出会った不思議な子の話」※人前では読まない事をおすすめします。
<長編>僕と彼女の関係は月5万円の恋人契約・・・彼女「はやく今月分の恋人料金払って」
<長長編>「結婚を前提にって今、交際申し込まれてるの」血のつながりのない従姉に恋をした!彼女に会ってから今日まで信じられないほど心が痛い 、それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。
<観覧注意>女「この人痴漢です!」男「わ、私は…やっていません!犯人は別の人です!!」・・・結局誰も幸せにならなかった!
<長編>好きだった子から告白されたでも、彼女が僕に告白したのは罰ゲーム・・・僕に出来る事は「好きになってもらう事」本気で彼女の事が好きだったんだよ!


>>5
げえええええ

7名無しさん2014/03/31(月)09:55:58 ID: ID:???

>>5
それは婚約時も離婚時も言わないのが正解だったと思うわ。
今後も言わない方がいいと思う。
にしても気持ち悪いね。

9名無しさん2014/03/31(月)18:17:37 ID: ID:???

>>5
普通は舌の置き場に困るはずなのに
舐めまわすとはレベル高いな

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験

Google AdSense








いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう