Google AdSense

女性は深く頭を下げ、「ひどいことをしてしまいました。ごめんなさいお父さん。」 いつかもう一度娘から「お父さん」そう呼ばれる日が来るのを願い努力して来た苦労が今やっと報われた・・・ただ私の心は完全に崩れていた!

妻が電話中「ぼんくら男を騙すのなんてチョロイ保険もそろそろ受け取り人を変えて貰わなきゃねw 」 って、そんな話を楽しそうにしてた。

<長編>浮気現場に乗り込んだ時「お前はその男の方が大切なのか」って言うと、「あんたなんかよりずっと大切だ」と叫ばれた !

興信所を使って嫁の浮気の証拠を集める・・・「覚悟して聞いてください。 嫁さんへの対処を考えるのはそれからにしてあげてください」と前置きしてきた。

出産後妻の様子がおかしかったのでひそかに盗聴した家電から産まれた子は、私の子じゃなくて間男の子だって泣きながら相談していた・・・その後血液型からも確認できた。

<長編>怪しいと思っていた嫁がお風呂に入ってる隙に携帯を奪って家をでてロックを解除した結果・・・ 妻:半狂乱、俺:かみつかれる

嫁が浮気した、証拠を突き付けると謝るどころか鼻で笑いやがった 「じゃあ離婚しようか?」・・・離婚届持って役所行こうとしたら嫁が脚にしがみついてきた、自分で離婚離婚って言ってたのに不思議だ

嫁から「結婚前からあなたを愛してるなんて思った事一度もない。これからも死んでも思う事はあり得ない。」って言われちまった…。

<長編>ホテルに入って行った嫁と間男!二人が出て来るまでの2時間のあいだ私は間男の車のボンネットに座って笑っていた!

469: sage 2006/09/26(火) 22:29:56 ID:DLk+dOeS
流れを読まずにカキコ
武勇伝ではないかもしれないが自分的にはスーッとしたので書いてみようかと。
ダラダラと長い話&自分語り、ウザイでしょうが平にご容赦。
夫の浮気が発覚→離婚成立までの話です。
472: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/26(火) 22:33:37 ID:DLk+dOeS
結婚2年目あたりから出張や飲み会が増えた夫。不審な行動も多かった。
当時私は気の弱い人間だったので浮気を問い詰めるどころか給料明細を見せてとも言えず、
生活費のほとんどは私持ち(共働き)。新車を買うときも私の意見は無視、自分の好きな車を買うことに。
もちろん購入費用は折半。
夫の携帯にはラリラリメールが盛りだくさん。相手は会社の部下。
浮気を疑うことを言えば「上司と部下なんだから飲み会や打ち合わせは当たり前!つまらない詮索するな!」と逆切れ。
殴られたこともある。我慢を重ねていた私は精神的に参ってしまってガリガリに痩せた。
473: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/26(火) 22:35:51 ID:DLk+dOeS

両親や兄夫婦は私の異変に気づいて心配していたので、夫の不倫で悩んでいることを告白した。
「そんなヤツ見切りをつけて戻って来い。」との家族の言葉に涙。
私自身自分勝手な夫に対して愛が残っているわけではなく
離婚=負けだという考えが自分をがんじがらめにしていると思い離婚を決断。
だが離婚するならバカ夫とプリンちゃんにキッチリ落とし前をつけていただこうと決意。
不倫の証拠を集める、興信所を頼む、弁護士をたてる。これらは全部自分ひとりでやると宣言。
家族は手助けをするといいましたが、離婚交渉に関しては自分の力でやる方が後悔もないだろうと
後方支援だけお願いした。

戦う決意をした妹に格闘技マニアの兄が一言
「やるなら中途半端はだめだぞ。やるならヒクソンが船木に完全勝利したくらいでやれ。」
ヒクソングレイシーの名前は知っていたけど試合を見たことがない。
のでビデオを見せてもらいました。
…すごいなあヒクソン。人が目を見開いたまま失神するの初めてみたよ。
これを私にやれというかお兄ちゃん…。

474: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/26(火) 22:38:47 ID:DLk+dOeS
それから夫の目を盗みラリラリ携帯メールは全て転送
PCにもあったので当然保存。
大好きな車でデートが多かったのでGPSも設置。
証拠集めと同時に興信所と弁護士探し、これが思いのほか大変だった。
タウンページででかでかと載っている興信所に連絡して調査員(女)と喫茶店で
会う事にしたんだけど、こいつが煽ること煽ること。必要ないプリンちゃんの家族構成を
調べようとか余分なオプションつけて調査費用を上げる上げる。
挙句の果てにローンを組むから今すぐハンコ持ってきてくださいなんて言われた。
結局断ったよ。みんなも気をつけてね。
その後PCで調べて料金表示してあった興信所と連絡して事務所に出向いて契約。
GPSつけていたから動きは分かっていたし、相手の住所名前も知っていたから最小限の調
査期間で済んだ。デートの様子からラブホの出入りまでバッチリ撮影してもらった。
興信所の所長に「あなたがプロ顔負けの下地をつくっていたから楽に調査出来たよ。」
って褒められますた。喜ぶべきか?
475: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/26(火) 22:41:31 ID:DLk+dOeS

弁護士事務所もあちこち連絡したけれど断られることも多かった。
しかしめげずにチャレンジ、有料相談に応じた何件かのうち私の意向を汲んでくれる
先生にお願いすることに。
開き直ったせいか、夫とプリンちゃんがメールしようがデートしようが全然気にならなくなった。
ご飯も食べられるようになったし生きる気力も湧いてきた。
不思議なもので、私が平然と(内心ハラワタ煮えくりまくっていたが)生活するようになると
夫からご機嫌を取るようになった。でももう遅い。私に気を使わず今までどおり好き勝手にやってくれれば良い。
そうしなきゃ有責カウンターがまわらないだろうがこのバカチンが!

まあ結局本能に勝てないお二人さんは打ち合わせの名のもとにデートに出かけました。
「いってらっしゃ~い。」とお見送りした妻は実家へ帰る荷造りに取り掛かりましたとさ

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう