Google AdSense

女性は深く頭を下げ、「ひどいことをしてしまいました。ごめんなさいお父さん。」 いつかもう一度娘から「お父さん」そう呼ばれる日が来るのを願い努力して来た苦労が今やっと報われた・・・ただ私の心は完全に崩れていた!

妻が電話中「ぼんくら男を騙すのなんてチョロイ保険もそろそろ受け取り人を変えて貰わなきゃねw 」 って、そんな話を楽しそうにしてた。

<長編>浮気現場に乗り込んだ時「お前はその男の方が大切なのか」って言うと、「あんたなんかよりずっと大切だ」と叫ばれた !

興信所を使って嫁の浮気の証拠を集める・・・「覚悟して聞いてください。 嫁さんへの対処を考えるのはそれからにしてあげてください」と前置きしてきた。

出産後妻の様子がおかしかったのでひそかに盗聴した家電から産まれた子は、私の子じゃなくて間男の子だって泣きながら相談していた・・・その後血液型からも確認できた。

<長編>怪しいと思っていた嫁がお風呂に入ってる隙に携帯を奪って家をでてロックを解除した結果・・・ 妻:半狂乱、俺:かみつかれる

嫁が浮気した、証拠を突き付けると謝るどころか鼻で笑いやがった 「じゃあ離婚しようか?」・・・離婚届持って役所行こうとしたら嫁が脚にしがみついてきた、自分で離婚離婚って言ってたのに不思議だ

嫁から「結婚前からあなたを愛してるなんて思った事一度もない。これからも死んでも思う事はあり得ない。」って言われちまった…。

<長編>ホテルに入って行った嫁と間男!二人が出て来るまでの2時間のあいだ私は間男の車のボンネットに座って笑っていた!

222名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)15:59:48 ID: ID:???

当時の彼女に騙されて泣いた話

俺の家はあんまり裕福じゃなく(ぶっちゃけ貧乏)高校を出たら働こうかと思ってた
でも学歴コンプがある親父と教師の強い推しもあり
高校もまじめに通ってたし大学に推薦で入ることになった
正直やりたいこともあったし、その学科に入れたことは素直に嬉しかった
親父もおふくろも手放しで喜んでくれて楽しい大学生活を送ってた
そして大学二年の時にコンパでA子と知り合い付き合うことになった
A子は医療系の専門学生で年は一つ下
見た目は地味だけど明るい甘えたがりで俺はA子が大好きになりドップリハマってた

223名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)16:03:47 ID: ID:???

大学二年も終わりに近づいて自分のゼミを選択する段になって
A子が妊娠した、と言い出した
俺はもてない男だったから大事にしたくて回数も控えめだったし避妊もしてた
でも好きな彼女だったから俺ももう二十歳だしちゃんとしなくちゃ、と
学校をやめて働いて結婚しようと決心した
気が早いせっかちな俺はその思いを胸にA子の両親に妊娠させたことと
責任を取らせてくれと報告しに行った
A子の父は激怒して俺の頭を踏んづけたりされたが謝り倒した
怒られて当然だと思ってた

224名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)16:07:32 ID: ID:???

そして俺の両親にも謝りに行った
お袋は泣いたし、親父は激怒した
そりゃそうだよな、俺も今だからわかる
自分の希望だった子供が大学を立派に卒業するってのを楽しみに
金がないのに学費を出してくれたりしたんだ
親父に猛烈に殴られた、でも俺は謝ることしかできなかった
結局は折衷案として大学は休学して様子を見ろ辞めるなという親父の説得に
俺は甘えることにした

225名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)16:12:28 ID: ID:???

親父はなんだかんだで休学してる間の俺の仕事を探してきてくれた
親父は職人だったから現場の仕事(ALC工って仕事)だったけど
金は結構いいし、学校に復学するためにいずれは辞めるということまで根回ししてくれた
今はもう死んでしまったけれど親父には俺が死ぬまで頭は上がらない
2学年が終了すると同時に俺は休学届を出して翌日から働き始めた
本当に仕事はきつかったけれど気のいい人ばかりで俺はA子のために働いていた

226名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)16:15:40 ID: ID:???

でもこのころからA子がおかしくなった
俺は金が貯めたくて実家にいたから最初は毎日のようにA子に会っていたけど
A子が俺に会いたがらなくなった
きっと俺がつかれているから気を使ってくれているんだな、とか俺は思ってた
でも俺は毎日のように電話して、おなかは大丈夫か?とか訊いていた
俺は家庭が欲しかったし、子供が欲しかったからね
正直当時はこのまま仕事をして学校は辞めてしまおうと思ってた

227名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)16:19:09 ID: ID:???

働き始めて2か月くらいたったとき俺はA子の実家に呼ばれた
能天気で気が早い俺はてっきり今後の話をされるもんだと思ってた
気合を入れて仕事上がりに風呂に入って背広を着てA子の実家に向かった
家に入るとA子の両親とA子は待っていた
何故かA子は号泣していて俺はそれを見て、流産してしまったのか?と不安に駆られた
そしてしばらく時間がたってA子の口から出てきた言葉は
妊娠は嘘です、ごめんなさい。だった
俺は意味が分からなかった

228名無しさん@おーぷん2014/06/23(月)16:24:28 ID: ID:???

A子両親も口々に俺に謝ってる
俺は意味が分からない、俺が最初に口にした言葉は多分
え?ドッキリ?みたいな言葉だった気がする
A子が言うには、俺がどれだけ好きか試したかった、とか
大学で楽しそうな俺がうらやましかっただとかそんなことを言ってたと思う
俺はもうパニックで、意味わかんないからまた来ます
みたいなことを言って家に帰った
家に帰ってたしか笑いながら親父に報告した
妊娠って嘘なんだって、意味わかんねーよなwwwwwww
って感じだったと思う。
きっとあの時俺はアタマおかしかったと思う

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう