Google AdSense

325恋人は名無しさん2014/03/04(火) 20:27:58.51 ID: ID:LQaf2oGj0

①叩かれ覚悟で書きます。俺が100%悪い修羅場の話です。

今から数年前、当時25歳ぐらいだった俺は、同い年の彼女A子と付き合っていました。
A子とは以前の職場で出会い、A子は多少変わっていましたが(不思議ちゃん)、
真面目で素直で本当に良い子でした。何より俺を大事にしてくれる子でした。
A子の猛烈なアプローチと、俺もA子の事を可愛いなと思っていたので付き合い始めたのでした。
A子とはほぼ毎日のように会っていて、Hもほぼ毎回していました。
(今思うと体の相性が良かったです。)

3263252014/03/04(火) 20:31:15.66 ID: ID:LQaf2oGj0

②A子と付き合って3年近く経った頃、俺の職場に
B子という20歳の今時風の女の子が入社してきました。
上司から話を聞くと、なんと事務ではなく営業だという。
しかもなぜか、俺が仕事を教える事になりました。すみません、まとめるのが下手で、かな~り長くなりそうです…orz

3273252014/03/04(火) 20:34:43.42 ID: ID:LQaf2oGj0

③最初のB子の印象は、「こんなに若い女の子が営業なんて、大丈夫なんだろうか?」でした。
心配に反して、B子は一生懸命仕事を頑張りました。毎日朝から晩まで二人で営業先を回りました。
B子は若くてルックスが良かったので、営業先や社内の男からよくちょっかいを出されそうになっていました。
(上司よりB子を守るよう指示がありましたw)B子が入社して1、2ヶ月目に初めて契約を貰えた時は、本当に嬉しかったです。
この時点ではB子に彼氏が居るのも知っていたし、俺はA子とラブラブだったので、
B子に対しては特別な感情を持ってはいませんでした。
(俺は彼女の存在は聞かれなかったのでB子には言ってなかった。)

3283252014/03/04(火) 20:38:35.76 ID: ID:LQaf2oGj0



他サイトおすすめ記事

悪ガキのイタズラに頭を悩ませていたAさんが、ついに弁護士を連れてガキの家に凸した → Aさん「まさか、あんな事になってしまうなんて...」
介護士をしていたせいか、みんなに期待されたので・・私「介護してほしいなら『月20万』『1日8時間』『土日祝休み』が条件だよ^^」
家を買おうと物件選びをしていた → 俺「おっ、ここいいじゃんw」次女「ここは絶対に嫌だ!」俺「なんで?」→ 詳しく話を聞くと、とんでもないこと言い出した・・・
嫁『間男と結婚するからアンタらは邪魔』息子「…」→ 数年後、元嫁『子供に会わせて欲しい』俺「…(今更…)」→ 息子に元嫁が会いたがってると伝えると…
司会「最後に新婦から一言あるそうです」新婦「実は赤ちゃんを授かっていることがわかりました!新郎くん、パパになるんだよー!」→ 固まる新郎と私夫婦 → なぜなら…
【まさかの事態】会社のおばさんと一度だけ関係を持ったら妊娠 → 俺「子供の産める相手とやり直したい。離婚してくれ」嫁「おk」→ 離婚後、元嫁「言い忘れてたんだけどさ...」
営業所でばらまかれた写真には、嫁がスッパダカで上司とホテルの鏡に向かって笑っていた → まぁ当然因果応報が待っていて… 狂ってしまったというなら、地獄も苦にならないだろう
④当時の職場は朝早くから、帰りも遅い仕事でした。
年末に差し掛かった仕事納めの日、俺は毎日頑張っているB子を遊びに
某アーケードへ誘いました。(ボーリングとかカラオケとか色々遊べるとこです。)
仕事納めの日はある事情から皆私服なのですが、
B子の私服を初めて見た俺は、少しときめいてしまいました。
B子は胸が大きくて、かなりスタイルが良かったのです…

3293252014/03/04(火) 20:42:41.39 ID: ID:LQaf2oGj0

⑤仕事納めの後、B子と二人で某アーケードへ行き、バッティングとかやって、
確かご飯を食べた後、車の中でお互いの色々身の上話?をして、
その日は別れました。この頃からB子の事がチラチラ頭をよぎるようになりました。それから年末年始休みに入ったのですが、年が明けてすぐ、B子からメールが来ました。内容は、彼氏と別れたというものでした。
ビックリして、「なんで別れたの?」と返信すると、「○○さん(俺)の事が大好きです。」とメールが。
舞い上がってしまった俺は、A子という存在が居るのにも関わらず、「俺も君が大好きだ(キリッ)」と返信し、すぐにB子と会う為に車をとばしました。
彼女は一人暮らしをしていたので部屋に上がり、しばらくまったりしていたのですが、興奮していた
俺はB子を抱きしめキスをしました。(俺はドスケベです。)
ベッドで胸を愛撫した時、今まで小さめの胸の子としか付き合った事のなかった俺は、B子の巨乳の感触に感動してしまいました。
本当に最低な話なんですが、その日からA子とB子に対する二股が始まってしまいました。





 





Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう