Google AdSense
Google AdSense
 





85おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/27(月)20:53:06.49 ID: cyE+0a8m.net

自分が経験した修羅場を書いてみる。
まず修羅場にいくまでの前置き
自分はそこそこ複雑な家庭環境だった。
当時6歳で両親離婚。
3人兄弟は全員父方の実家に預けられた(父はどっか行った)。
祖父母はよくしてくれたが、ことあるごとにお前は母から捨てられたと言われ続けた。
そんでもって小2ぐらいの時学校から帰ってくると、次男がいきなり家からいなくなってた。
祖父母に聞くと、母がさらっていったと言う。
これで自分の両親嫌いは輪にかけてひどくなった。
ただそんな誤解が解けたのが小4か小5の頃で、きっかけは従兄一家が近所に引っ越してきた。
従兄とは仲が良くて、長期の休みにはよく遊んでいた。
せっかく近所に来たので、自転車で行こうと計画して1時間半ぐらいかけて向かった。
従兄の家に着いたら、従兄の母と知らない人が家に居て自分を見るなり泣き出した。
それが自分の母だった。
そこから今までの事情を色々教えてくれた。
詳しいことは省くが、要は3人を養える金が当時母にはなかった。
次男も話し合い(裁判)で、今母のところにいると教えてもらった。
ただそうなると、今度は祖父母が信じられなくなった。
今までずっと言われてきたことが、嘘だったのかと。
それもあって、中学に入って思春期が入ってからは、祖父母につらく当たる回数が増えた。
そんなこんなしてる内に、母から再婚が決まったと連絡があった。
しかも今までは遠くに住んでいたのに、いきなり近所に引っ越すという話のおまけ付き。
自分は母が本気で自分の親権を取りに来たんだとわかった。
引っ越してきた初日に家へ行くと、義理の父と初めて会った。
厳しそうな人だと思ったが、いい人だとも思い、母がまた不幸になることはないと安心した。
ただ、本格的に自分の生活が変わってしまうのかもとかなり不安だった。
そのせいか、祖父母の前でうっかり母に会っていることを言ってしまった。
少し長い前置きでしたが、ここからが修羅場です。

86おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/27(月)21:13:28.20 ID: cyE+0a8m.net


Google AdSense


この一言で祖母が切れた。
「裏切者!」と怒鳴られ首を絞められた。
騒ぎを聞いた、祖父がやってきて助けてくれるのかと思った。
祖母は祖父が来たのを見て、少し落ち着いたのか首から手を放してくれた。
祖父は「今までお前にかけた金を全て返して出ていけ」と自分に怒鳴った。
今まで優しくしてくれた祖父母が、別人みたいに自分を責めてきて怖くなって家から飛び出した。
そのまま、友達の家に転がり込んだ。
号泣している自分を見て、友達の母は「とりあえずお家に…」と電話をかけようとした。
それを友達が止めて、「家のことだろ?上がってけよ。」と言ってくれた。
今度は嬉しくて涙が止まらなかった。
友達は自分の状態が普通じゃないと、他にも中の良いやつ呼ぼうと言って友達を集めてくれた。
その日は、朝まで皆でスマブラして遊び倒した。
後から知ったが、友達が母に改めて事情を説明してから、自分の家(祖父母)に電話を入れてくれたみたいだった。
迷惑をかけた友達と、母には本当に頭が上がらなく帰るときに「本当にすみませんでした」と頭を下げた。
ただ、舌の根も乾かぬうちに、今度はもっと多くの人に迷惑をかけることになってしまった。
そこからどれくらい期間が空いてたのかは覚えてないが、そんなに長くはなかったと思う
覚えているのは、隣の家に遊びに行っていた帰りということ。
お隣さんとは、子供同士が歳が近いこともあって、よく遊んでいて、その日も同じように遊んでいた。
本当にいつも通りの1日だった。
朝10時ぐらいに、あっちから電話があり「遊ぼうぜ!」と言われ「OK!」と言って遊びに行った。
当時真冬だったが、近いしいいやとTシャツ短パンで遊びに行った。
ゲームやら何やらやって18時ぐらいに帰った。
すると居間から怒鳴りあってる声がしてきた。

87おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/07/27(月)21:23:03.11 ID: cyE+0a8m.net

義理の父と実の母、祖父母の声だった。
自分は「あ〜親権のことか」と思っていた。
ただ聞こえてきたのは、そういう内容じゃなかった。
祖父が「いくらで買うんだ?」と言って、義理の父が「そういう言い方はないでしょう!」と言い返していた。
ずっとずっと黙ってその会話を聞いていた。
祖父母の口から出てくる単語は金金金金金と、とにかくその話題だった。
ただ聞いているのが辛かった。
今まで、色々言われることはあっても10年以上過ごしてきた人に「買い取れ」とか「売ってやる」とか言われるのが。
この時までは義理の父と祖父母の声しか聞こえてこなかった。
母は居ないのかなと、ぼんやり考えていたら母の声がした。
「あなた方の言い値で買います。」と。
もうこれ以上聞いてられず、家を出た。
ただその場に居る全員が嫌になって、玄関のドアを思いっきり閉めてやった。
さすがに大人たちも聞かれてたのに気づいたみたいだったが、知ったこっちゃないとその場を走り去った。
Google AdSense

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう